menu

ワードプレスを使って24時間集客し続ける独自メディアの運営方法

The following two tabs change content below.
甲斐 翔太
こんにちは、甲斐翔太です。 中小企業や個人事業主向けにWEB集客とWEB販売の指導と、起業独立を目指す方にデジタルコンテンツを作って販売するビジネスを指導をしています。 ブログ、メルマガによるコンテンツマーケティングが得意。公式メルマガでは、コンテンツビジネスの始め方を解説中。 公式メルマガはこちらをクリック

IMG_0929こんにちは、webマーケティングライターの甲斐翔太です。

ビジネスを展開していく場合、ボランティアではないので収入を得続けなければいけません。
そのためには、経費を削減することと売上を上げることを常に意識しなければいけないわけです。

 

それこそ出来る限り初期投資が少なく、設備投資も少なく、在庫を抱えず、利益率の高いビジネスが一番理想的なわけです。

まさにそれを実現できるのがインターネットを使うビジネスです。
24時間自動で集客をし続け、24時間勝手に収入が発生する仕組みであるにもかかわらず
初期投資も設備投資にもわずか数千円でできてしまいます。
また、販売するものによっては一切在庫を抱える必要のないものなので、利益率を80%以上上げることも可能になるわけです。

このインターネットを使ったビジネスの仕組みを作り上げるために必要な考え方と方法を紹介します。

時代にあった効果的な方法を効果的なやり方を続ける

インターネットの時代の流れは非常に早いです。急に流行するサービスやアプリがどんどん出ているわけです。
そしてそれと同時に様々なサービスやアプリが人々の間から消えていくわけです。

これはビジネスにおいても全く同じです。
数年前はPPC広告を使って情報教材を販売することや、メインサイトへの被リンクを自作自演することで上位表示させてアフィリエイトすることもできていました。

でもすでにこれらの方法は、今の時代に効果的な方法ではありません。
すでに中身のないブログとか自作自演のサイトは、Googleによって目視で順位を下げられています。

そしてPPC広告に関してはどんどん金額が上がっていますし、規制も厳しくなっています。
さらには広告掲載を許可している案件も少なくなってきているのも現状です。

商品を検索して購入しようかなと考えている人が圧倒的に少なくなってきたわけです。
世の中にモノが溢れて供給過多になっていることも挙げられます。

じゃあ今の世の中の消費者が何を求めているんだと思いますか?
答えは、情報です。

悩みを解決する情報や、面白い情報、生活に役立つ情報などを求めているわけです。
そしてその情報の中でなにげなく商品を紹介していくことが最も今効果的な方法だということです。

そのためにするべきことを以下に記していきます。

メディアを持つ

インターネット上で商品を24時間販売する仕組みを作るためには、広告費を投資し続けるか、自分でメディアを運営するかのどちらかです。

アメブロとかFC2などの無料ブログを使うこともできますし、FacebookやTwitterなどのSNSでも情報を載せ続けることもできるでしょう。
でも先ほどお伝えしたとおり、インターネットは時代の流れが早いわけです。
だからこそ、アメブロやFC2、その他SNSなどがサービスの終了することも考えられるわけですし、規約変更によってアカウント停止などのリスクも十分にあるわけです。

それでは、24時間自動で集客し、販売するシステムにはなりませんよね?

24時間自動で集客し、売上を上げるシステムを構築するためには、自分自身で運営するメディアが必要になるわけです。
そのメディアが大きくなれば確実に収入は増えていきますし、
広告枠を販売することもできるようになるわけです。

まずは、ブログを書いていくのが一番のおすすめです。

サーバーをレンタルしてワードプレスを構築することで、削除されたりサービスが終了したりすることもありません。

※後日この具体的な方法も記事にしていきます。

役に立つ記事を書く

実際にブログをはじめたら、とにかく記事を書いていくわけです。
記事を量産することによって確実にアクセスが増えていきます。しかしながら、役に立つ記事であったり、面白い記事でなければすべてを読んでもらえないんですよね。
私もつまんない記事を最後まで首をかしげながら読むような人には出会ったことがありません(笑)

でも、本当に面白くて役に立つ記事であれば、どんどん多くの人にシェアされるわけです。

それこそFacebook上でシェアされたり、リツイートされたり、はてなブックマークされたりします。
それがより多くのアクセスを集めることにつながっています。

もちろんキーワードを意識したブログを書いたほうがいいわけですが、そこを意識するばかりにおかしな文章になるよりも、
視覚的にも面白くて役に立つ記事を書くことで確実に拡散されていくわけです。

で、多くの人に読まれるようになるブログというのは、検索エンジンにも評価されるようになるので、確実に上位表示されるようになるわけです。

そのため大事なことは、ユーザー目線になって役に立つ記事、面白い記事を書いていくことだということです。

拡散する

自分のメディアを運営する際、まずは自分で記事を拡散していくことが大事になります。
そうすることであなたと繋がっている人が記事を読んでくれる可能性が高くなりますし、拡散される可能性が高くなります。

つまり、アクセスアップに直接繋がっているわけです。

最初は自信がなくて自分のSNSアカウントで公開する事ができない人も多くいると思うのですが、思いきって行動しましょう。
この壁を越えなければ、売上を大きくすることは絶対にできません。

あなたがメディアを運営する理由は何ですか?

ビジネスを拡大させるためですよね?であれば出来る限り多くの人に読んでもらうことが重要ですよね。
いつどこで誰がお客さんになるのかはわかりませんしね。

まとめ

ブログという箱が出来上がれば、あとはキーワードに合わせて記事を書いて自分から記事を拡散していくだけです。

その繰り返しをひたすらやっていくことでメディアの露出度が大きくなっていきますのでアクセスが上がってくるようになるでしょう。

自分のブログをシェアしてもらいたいと思った時には、自分からどんどんシェアしていくのもいいですね。
ブログを書いている身としては、シェアしてもらって悪い気は絶対にしないですしね!

The following two tabs change content below.
甲斐 翔太
こんにちは、甲斐翔太です。 中小企業や個人事業主向けにWEB集客とWEB販売の指導と、起業独立を目指す方にデジタルコンテンツを作って販売するビジネスを指導をしています。 ブログ、メルマガによるコンテンツマーケティングが得意。公式メルマガでは、コンテンツビジネスの始め方を解説中。 公式メルマガはこちらをクリック

tumblr_ndyvbwGn511tubinno1_12801起業できない人に共通するパターン7つを紹介してみた

3033be6f02febddf630ff970fde2f9d5_mメルマガを使ってあなたのビジネスに利益をもたらす手法

関連記事

  1. 42f0f3947d7ca2b1a713bfa40e4f558e_m

    独自ドメインとは?わかりやすく解説!

    自分のサイトを作ろうとすると必ず目にする単語が『ドメイン』とか、『独自ドメイン』といった言葉です…

  2. writing-1209121_1920

    信頼できないの壁を超えてもらうコピーの書き方

    多くのコピーは商品の価値、ベネフィット(未来の価値体験)を話していることはありますが、ある重要な…

  3. victory-hachimaki-business-woman

    起業成功率を飛躍的にアップさせる3つの方法とは?

    こんばんは、渡辺修一です。あなたは、起業にの成功率がどれくらいか知っていますか?ある…

  4. 593261

    初心者はネットビジネスで稼ぐことができないのか?そんなことない!…

    ひさっちです。ネットビジネスで稼いだお小遣いで趣味のバイクを始めようかなって考えています。…

  5. 232b1ea011a17a3a4d64c01a3001dbf0_m

    起業を考えているなら必ず知っておきたいこと

    ひさっちです。起業って聞くと難しく思うかも知れませんが、主婦や学生でも起業することができます…

  6. puzzle-1487340_1280

    ブログ記事ををスラスラと書くためにやるべき3つの事とは?【1記事…

    こんばんは、渡辺修一です。ブログをやり始めた駆け出しブロガーが必ずぶち当たる壁があります。そ…

  7. 8464d94fe427ded2b88b9a050647b03a_m

    ブログやメルマガを書くとき!おすすめのテキストエディターがこれ!…

    ひさっちです。副業でブログやメルマガを始めてみたけど、思うように記事をかくことができなくて、…

  8. even-if-you-look-at-anime-in-a-cafe

    アフィリエイトで稼ぐ為のブログの書き方!初心者でもわかる!【前編…

    こんにちは、まさきです。今回は収益を生み出すブログ記事の書き方、その手順について解説していき…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP