menu

起業・複業 理性と感情の戦い

あのテレビが見たい、あの動画が見たい、お菓子が食べたい、お酒が飲みたい、起きるのはつらい。
誘惑、やりたくないこと、避けたいことがたくさんあるとおもいます。

中でも睡眠について言えば、
夜はなかなか寝付けない、朝は起きられない、起きられたとしても布団から出られない、
起きるかどうするかうだうだする、二度寝する、1日が終わる、
後悔する、なんてこともあるとおもいます。

原因は、本当に疲れてしまっているのかも知れませんが、
もしかしたら、快適に甘んじてしまい、動物の本能ではないけれども、
眠い、つらい、起きたくない、という感情に素直になって、
睡眠時間が不足しているから眠らないといけない、
睡眠をとらないといけない体質だったから、しょうがない、
という原因もあるかもしれないですよね、、

でも、だんだんと本能に従って行動をしているうちに、
それによって受けるダメージの方が、快適さを上回るようになるときってありませんか。

睡眠不足や寝坊によって生じる機会損失とか、後悔とかに、より苦痛を覚えるようになって、
睡眠がいつしか「快適」ではなくなるというようなときがやってきますよね。

すると、今度は、早く起きて、早く寝て、睡眠時間を確保して、
決めた時間にきちんと起きて、1日をスタートさせる状態の方に快適さを感じるようになり、
生活習慣が変わっていきませんか。

大事なのは、「快適」に関する自分の中での定義づけを変えることです。

今、自分の身の回りで起きている様々な誘惑に関して、
その誘惑を受け入れることによる快適が、苦痛に変わる瞬間が大きな転機だといえます。

定義を書き換える最もシンプルな方法は、

「理性が感情に負けたら苦痛、勝ったら快適」

というように思い込むことです。

あとは強制的に効果があるのは、時間が本当に貴重であるという状況に自らをさらすことだとおもいます。

例えば、複業をして、やりたいことを全部やり切るためには、
必然的に時間を無駄にできない状況を生み出せば、
感情に任せてうだうだ言っている場合ではなくなります。

うだうだしている場合に、時間がどんどんなくなって、
結果的に本来最も大事にしたいことに使える時間がなくなってしまい、
それによって激しく後悔をすることを考えると、「最初からやっておけば」、ってなるとおもいます。

「頭ではわかっているけれども、できない」

というのは、大きな課題ですが、それこそ、理性と感情との戦いになるので、

その勝負に何勝できるかが大事ですよね

メルマガやってます。自分の考えや役立つこととか配信しています。
詳しくはこちら

起業に役立つWebセミナーを無料プレゼント中、
詳しくはこちら

girl-2134813_640今以上の快楽が欲しいときにするべき行動

dog-2785074_640お金がないなら行動すればいいじゃないですか!

関連記事

  1. refugees-2071324_640

    どれか使える!仕事辞める言い訳30選

    こんにちは、しょうりです。こちらでは、仕事辞める言い訳30選をお伝えします。…

  2. 86a01a7d

    起業独立を考えるとき

    インテリやくざと言われていた上司が、かつて、「会社は動物園みたいだ」と言っていました。…

  3. money-and-times-clock

    遅刻するぞ!早く起きろ!

    こんにちは。三橋優也です。起業でも、副業でも、朝の時間を大切にしたいものです。…

  4. teasing-from-senior-employees

    起業して稼ぎ出すと”からかう”貧乏人の本音とお金持ちの本質につい…

    こんにちは、まさきです。今回は、よく頂くマインド、精神面の相談、質問についてお伝えしたい思い…

  5. nayomi

    悩み多き人に起こる現象とは?

    人は悩むもの・・・欲がある人間はコレが絶対条件としてある。私自身も悩みは多くあるし、…

  6. imagesLNMXBZ6J

    起業して稼ぎたいならハイクラスな体験をしよう

    アナタは起業するにおいて、何か目標がありますか?この記事を読んでいる優秀なアナタなら、お…

  7. 023ELLY18420_TP_V

    パソコンをWinよりマックをオススメするのはなぜ?

    ひさっちです。素直にノウハウを吸収して行動することができないのであればすぐにネットビジネスを…

  8. ferrari-spider-458

    この想いは幻想かも?高額品や贅沢品を買う前にまずは◯◯◯◯して体…

    こんにちは、まさきです。あなたにも、副業なり、起業なりで月◯十万、月◯百万、継続的に稼げたら…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP