menu

起業・複業 理性と感情の戦い

あのテレビが見たい、あの動画が見たい、お菓子が食べたい、お酒が飲みたい、起きるのはつらい。
誘惑、やりたくないこと、避けたいことがたくさんあるとおもいます。

中でも睡眠について言えば、
夜はなかなか寝付けない、朝は起きられない、起きられたとしても布団から出られない、
起きるかどうするかうだうだする、二度寝する、1日が終わる、
後悔する、なんてこともあるとおもいます。

原因は、本当に疲れてしまっているのかも知れませんが、
もしかしたら、快適に甘んじてしまい、動物の本能ではないけれども、
眠い、つらい、起きたくない、という感情に素直になって、
睡眠時間が不足しているから眠らないといけない、
睡眠をとらないといけない体質だったから、しょうがない、
という原因もあるかもしれないですよね、、

でも、だんだんと本能に従って行動をしているうちに、
それによって受けるダメージの方が、快適さを上回るようになるときってありませんか。

睡眠不足や寝坊によって生じる機会損失とか、後悔とかに、より苦痛を覚えるようになって、
睡眠がいつしか「快適」ではなくなるというようなときがやってきますよね。

すると、今度は、早く起きて、早く寝て、睡眠時間を確保して、
決めた時間にきちんと起きて、1日をスタートさせる状態の方に快適さを感じるようになり、
生活習慣が変わっていきませんか。

大事なのは、「快適」に関する自分の中での定義づけを変えることです。

今、自分の身の回りで起きている様々な誘惑に関して、
その誘惑を受け入れることによる快適が、苦痛に変わる瞬間が大きな転機だといえます。

定義を書き換える最もシンプルな方法は、

「理性が感情に負けたら苦痛、勝ったら快適」

というように思い込むことです。

あとは強制的に効果があるのは、時間が本当に貴重であるという状況に自らをさらすことだとおもいます。

例えば、複業をして、やりたいことを全部やり切るためには、
必然的に時間を無駄にできない状況を生み出せば、
感情に任せてうだうだ言っている場合ではなくなります。

うだうだしている場合に、時間がどんどんなくなって、
結果的に本来最も大事にしたいことに使える時間がなくなってしまい、
それによって激しく後悔をすることを考えると、「最初からやっておけば」、ってなるとおもいます。

「頭ではわかっているけれども、できない」

というのは、大きな課題ですが、それこそ、理性と感情との戦いになるので、

その勝負に何勝できるかが大事ですよね

メルマガやってます。自分の考えや役立つこととか配信しています。
詳しくはこちら

起業に役立つWebセミナーを無料プレゼント中、
詳しくはこちら

girl-2134813_640今以上の快楽が欲しいときにするべき行動

dog-2785074_640お金がないなら行動すればいいじゃないですか!

関連記事

  1. d0b6cc9a7821d778730c7cf1ee1c59ac_m

    大事な説明は聞くだけでなくメモを取るとよい

    こんにちは。小林です。今回は大事な説明を確実に受け取る方法についてお話しします。…

  2. 5e830234e5899358ba8eb59d257f89a5_s

    起業・副業、場所を選ばない

    アップルのCMで女の子が、芝生で転がりながらタブレッドを操作しているCMありますよね。「…

  3. 614371show

    社会人が楽しくない理由と3つの解決策

    こんにちは、しょうりです。こちらでは、社会人が楽しくない理由と3つの解決策につい…

  4. a044650404a5ffe9d6515fa39e6ba499_m

    臭いものには蓋をせよ!!悪い情報の遮断でポジティブになれる3つの…

    こんにちは。小林です。今回は臭いものに蓋をするように悪い情報を断ち切る3つのことにつ…

  5. 情報を出し惜しみしない

    段取り力・計画力をつけるときに大事なこと

    「仕事が終わんねー」自分がキャパオーバーな仕事を抱えているからなのか、自分の仕事の進め方がい…

  6. office-work-1149087_1920

    社会人になったからこそ勉強すべき!億万長者が教える超効率的な勉強…

    こんにちは、渡辺です。あなたは、大人になってから勉強をする意味がないと思っていませんか?…

  7. IMG_0218

    コレクションのデジタル化:音楽編-思い出の曲は一生モノ

    こんにちは。小林です。今回は過去の音楽の保存についてお話しします。注意:…

  8. direction-255294_640

    働き方を変えるメリットとデメリット

    こんにちは、しょうりです。こちらでは、働き方を変えるメリットとデメリットをお伝え…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP