menu

憲法改正を論じる前に起業家としてやるべき事

The following two tabs change content below.
imahashi

imahashi

こんにちは、今橋です。起業に関する自分の経験を少しでも共有できたら嬉しいです。

こんにちは、今橋です。

 

日曜日の朝9時から10時まで

に行われる日曜討論と言う番組が好きです。

各党から代表者が出演して討論会

を行う番組です。

 

普段は日曜日に行わるのですが

今日は憲法記念日という事で

特別に異例の一時間半

10時5分から11時半まで

放送が行われました。

 

さすがは党を代表する

論客が集まった日曜討論

日曜日ではないですけど

かなり面白かったです。

 

政治家が憲法について

論じることは本当にありがたく

一市民としてはためになり

面白いとおもいます。

 

戦後、憲法が日本に果たした

役割について、論じているのを

聞いていると、あらためて

平和憲法の大切さを感じています。

 

今後とも、こうした議論が

行われて、より良い社会が

続いてくれることを

祈っています。

 

それにしても、今日は

元号が令和になって

最初の憲法記念日です。

 

ひときわ今後の憲法にありかた

につて、議論が行われ

盛り上がったようにも思います。

 

しかも、いつも凄いと

感じるのが、この与野党の幹部さん

たち生放送で本当に言葉を

かみません。

 

考えもまとまっているし

どれだけ頭が良いのかと思ってしまいます。

良い企業と言うのはこういう形が

望ましいと思います。

 

自由民主党を代表しまして

憲法改正推進本部長の

下村博文衆議院議員がそれとなく

憲法改正をとり行うことの

重要性を述べていましたが

これが、安倍総理がやると

いかにも軍国主義をつくるための

改憲と言う雰囲気になったように

思います。

 

安倍総理が社長としますと

下村憲法改正推進本部長は本当によい

番頭さんと言う感じです。

 

もしかしたら、下村大臣は憲法改正は

ちょっとむつかしいかなあと思っている

かもしれません。

 

それでも、討論では本当にもっともらしく

憲法改正の重要性をわかりやすく

述べておられました。

 

これぞ、出来る人のなす技ではないで

しょうか?

こういう優秀な番頭のいる企業は

無敵であることが

今の安倍政権をみて本当に

感じられます。

 

安倍社長さんはちょっと

短気で、言葉が過ぎるところが

あるのですけど、それを周りの

重鎮がうまくカバーしている

優良中小企業の典型のようにも

見えてしまいます。

 

それに対しまして

共産党の小池晃議員の

厳しい意見はきいていて本当に

もっともだと思ってしまいます。

共産党が与党であったら

ほとんどの国民が

共感してしまうのでは

ないかと思うほどです。

 

そんな憲法改正がこれからの

日本の最重要課題だと

訴える与党自由民主党

改憲派と

 

その他の野党

ほぼ全部の護憲派の

討論は本当に見ごたえがありました。

 

ところで、つねに

私は政治参加はほどほどに

起業家活動を優先することが

大事であると思ってきました。

 

それはいまでも

全く変わりはないのですが

これだけ、世間で憲法について

議論していると

ついつい首を突っ込みたく

なるようにも思います。

 

連休中と言うのは

普通にショッピングセンター

とか、人が集まる場所以外は

暇なようにも思います。

 

人が、普段とは別行動で

商売しているひとにとっては

ちょっと拍子抜けするよう

なところもあるかと思います。

 

そんな時に憲法記念日を

迎えるとついつい

やれ護憲だという勇ましい

共産党の議員さんの

話にくぎ付けになってしまいます。

 

スモールビジネスをしている

方にとって本当にやっかいな

連休です。

 

暇なような、ここを頑張ると

いいような不思議な

時間を過ごしていると

思われますが、実を言いますと

 

憲法改正どうかんがえても

2020年かそれ以降に

なるのは、目に見えています。

 

そんな先の事をいまから

心配している私は

少し反省しなくてはならないと

思っています。

 

令和元年を祝う

イベントに参加したり

憲法改正のデモに

参加したりしていては

完全に取り残されます。

 

令和令和とさわぐ

若者をしり目に、ここを

ぐっと一つでもいいので

起業家としての

活動をすると連休明けからの

ダッシュにつながるかと思います。

 

何度もいいますけれど

憲法改正は早くても来年です。

しかも衆参両院で

三分の二の賛成があって

初めて国民投票になります。

 

それまでは、普通の市民は

関係がありません。

ひょっとしたら

衆参同日選挙が起こるかも

しれませんが

それも与党の憲法改正

にむけて戦略家と思います。

 

ふつうに9条は変えては

ダメだなと思っても

おそらく与党が圧勝します。

 

結論から言えば

衆参両院で三分の二を

超えてから初めて

どうだかなあ、でも

全く遅くありません。

 

ぜひとも自衛隊のことを

憲法にのせるかどうかを

考える前に、ブログ記事の

一つでもアップすること

が大切かと思います。

 

そんなことは

当たり前と思っている方

が多いかと思いますが

 

私をはじめとしまして

なんだか達成しきれていない

人にありがちな、本質

王道をわきまえずに

寄り道をしている人には

目の前の、小さな積み重ねを

こういった、皆さんが

祝賀ムードのとき

連休モードのときこそ

続けて行ってほしいと思います。

 

もちろん自分自身も

そういう気持ちで

今後も過ごしたいと思います。

 

と言いつつ連休最終日は

選挙でお世話になった人たちと

ゴルフに行く私ですが…

まとめ

憲法記念日に

憲法改正について

考えることは日本国民

として当然である

ただ本質的な部分は

プロの政治家に

まかせて一般市民は

目の前の課題をこなして

行くことが大切である

聴くだけであなたの起業家精神を刺激し

今すぐ現金収入を実現する

50の最新ビジネスノウハウ

脅威のノウハウも全て、無料プレゼント!!

無料プレゼントのお知らせ

起業ラボプレゼント用メルマガ登録はここから

【今この記事も読まれています】

☞最後通告ゲームにおける最も成功する選択とは

☞飲む打つ買うを程々に部下の気持ちに共感する

☞超幸せな起業家になる為に神頼みは最高の手段

☞中国共産党の独裁と日本共産党の有能さの違い

☞パイレーツオブカリビアンが世界一売れた理由

☞強運な起業家は潜在的に自分の成功を確信する

☞起業家は個人企業のオーナーか上場企業の社長

☞新元号令和対する不平不満は妻への不満と酷似

☞イチローを嫌う野村監督はなぜ月見草だったか

The following two tabs change content below.
imahashi

imahashi

こんにちは、今橋です。起業に関する自分の経験を少しでも共有できたら嬉しいです。

752ae72a6c26fb15c5608e882bb7f4db_s意識すると役立つ3つの睡眠習慣のコツ

mistake-876597_1280起業を志す人が陥る致命的な失敗

関連記事

  1. dog-2785074_640

    仕事をすぐ辞める根性なしでも稼げるようになったビジネスとは?

    こんにちは、しょうりです。こちらでは、仕事をすぐ辞める根性なしでも稼げるようになった…

  2. person-110305_640

    起業と人間関係

    明確な目標を立ててそれに向けて行動を開始したり、人生を変えようと決断をして行動を起こしたり、…

  3. 91b53bc30e86ee95e20c1e64981eb40d_s

    パチンコは合法ゴルフ馬券は逮捕の日本の現状

    こんにちは、今橋です。私の親戚に久留米大学附設高等学校をでた人が…

  4. 1506036show

    できない理由を探すのをやめて、さっさと稼ぐための4個の方法

    こんにちは、しょうりです。こちらでは、できない理由を探すのをやめて、さっさと稼ぐため…

  5. b9ba2458dfa2e4624a978095cd78104c_s

    零細企業の社長が事務員に手を付けると大参事

    こんにちは、今橋です。最近、めっきり財津一郎の姿をみなくなって…

  6. c093c39779c4b95d81a8689f8b572b24_s

    老後資金が貯まるシンプルな公式

    こんにちは、今橋です。もし、あなたが・老後は生活費や職場の人間関係のことばかり考える…

  7. office-business-meeting-5472251_1920

    起業したい人必見!仕事のパフォーマンスを向上させる食事の取り方を…

    こんにちは。さとうかずまです。現在私は、会社員と起業家の2足のわらじをはいています。…

  8. 2c06a85402ab452ddd8439ee3b14e675_m

    ビジネスを行う人の休日の過ごし方

    情報発信ビジネスをこれからしていこうと考えている方の中には、サラリーマンを辞めて、本業として…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP