menu

ネット起業家に必須の世のほとんどの社長がやっていない〇〇

The following two tabs change content below.
宮岡
宮岡です。 起業=自己実現の認識のもと、自分の理想的な人生をデザインするため毎日起業で成功する方法を勉強中。 カール=マルクスによると「労働者=労働力以外に富の源泉(資本)を持たないもの」である。いまはネット上に資本を構築することが誰でも簡単にできるが、まだ多くの人間は行動していないので「ネット起業バブル」といえる。 この潮流にのりたい、ネット上に資本を構築し自由を手にしたい方はメルマガ登録へ

宮岡です。

先日、ある業界の社長さんの講演会に参加しました。その業界ではトップの人で、周辺業界でも名を知られている、一部界隈では超有名な方のセミナーです。無料だったので野次馬根性で参加しました。まあバックエンドがあるんだろうなと思ってたら案の定オファーが来たのでそこで会場を出ていきましたが…

そのセミナーでとんでもない話を聞きました。世の中の「社長」と呼ばれる人は、ほとんどが感覚とザル勘定で経営しているそうです。なので運良く軌道に乗りだしても税務調査がはいると追徴金ガンガン取られてつぶれたりするといってました。ふつう課税は利益にされるのですが、追徴金は売上にかかるので経費が多ければ多いほど致命的になるわけです。冗談のような話ですが、笑えません。じつは心当たりがあるからです…

「計測する」ということ

サラリーマンや雇われて働いているとなかなか意識しないかも知れませんが、勤めている会社組織にはかならず「社長」というのが存在します。その社長が会社という組織をもってるので、そのなかに組み込まれて働いているということになりますね。

ところで社員がこなす仕事ってありますよね。ふだんから会社勤務している場合、部署ごとに仕事内容は違うと思いますが、毎年一定量はこなしているはずです。この仕事量はどうやって、またはなぜ決めていると思いますか?

じつはあれは社長や経営担当が、今後3~5年以内にどのくらい売上を伸ばしたい(伸ばさなきゃいけいない)という目標から逆算して、1年あたりの成長戦略をつくっているのです。その仕事内容を部署ごとにふりわけて処理させる。とくに営業部なんかは月ノルマ何件、達成率何%で職場内ランク何位とか定期的に発表があって、それが昇進や昇給に露骨にからんでくるとかザラです。身の毛もよだつ思いがします。

まあまともな企業ならノルマ達成できたか、できなかったら原因は何か、対策はどうするのかくらいを上司に報告して終わりだと思います。ここで冒頭の「ヤベえ会社」の心当たりとして1回すさまじいなと思ったのは、ある中小企業で建設の下請けで、そこに就職した人から聞いた話です。その会社は俗にいうブラック企業で、営業目標がないんだそうです。

「とにかく1件でも成約とってこい!」
おわり。てぶらで帰ると社長に殴られる。成約したらしたで次の日成約できなければ殴られるので誰も成約とってこないみたいな会社が本当にあるそうです。ちなみに金がないので営業チームが社長直属で経理以外は数名の営業マンがいるだけ。

殴られた時点で警察呼べよと思ってしまうのですが、それ以前に「まともな目標を設定してくれる神企業」と「無茶と拳を振ってくるクソブラック企業」の違いはなんでしょうか?

答えは簡単です。きちんと計測してるかどうか!!!

ビジネスを数字のゲームにする方法

さすがに生身の人間の営業成績を数字で管理するのはむずかしいですが…回る件数に限界があるのでデータが少ないとか、人それぞれ上手い下手があるので。

ネットビジネスなら計測することは簡単です。ブログに何人訪れたのか?きた人の平均PVは?そのうち何人がメルマガに登録するのか?メルマガに登録後はどのくらいの反応率か?etc…

メルマガでの反応は配信スタンドにそういう機能があるので、設定すれば利用できます。おすすめスタンドはオレンジメールMyASPです。

ブログに関しては自分でツールを仕込んでおくしかないのですが、無料のツールでもかなり高性能なものがあります。グーグルアナリティクスは鉄板ですね。ほかに探せばいくらでもあると思いますが、重要なのは自分で設定できるブログをもつということです。

つまりビジネスやるならサーバー借りて独自ドメインのWordPressブログくらい用意しろやと言いたい。

「全部数字で管理するとかメンドクサ…」と思ったあなた、別に全部の数字をイジる必要はないです。ただ起業するなら絶対に「把握」だけはする必要があります。あなたは社長です。自分のビジネスについて聞かれたらどんな質問にも即答できなければなりません。

・平均PV/UUはいくつ?
・LP遷移率
・LP登録率
・セールスレタークリック率
・購買率

ざっとこれらの数字は小数点第2位まで答えられるのが優秀な経営者です。で、管理すべき数字が5個じゃ多すぎます。どうするか。KSFを決めます。

管理すべき数字の個数をしぼってラクラク経営に

KSFとは?Key Success Factor(成功の主要因)の略です。事業に関連する数字のうち、売上に直結する最重要な数字で、コントロールできる変数であることが条件です。

ようするに自分でチョロチョロいじれる数字のうち下げたらヤバいやつ2つか3つです。それ以外の数字は無視します。正確には固定値と仮定して放置します。「そこを改善しても売上にはならないので手を付けない」ということです。

たとえば情報商材アフィリならKSFはブログ来訪者数とステップメール登録率です。なぜならアフィだとセールスページと価格と商品内容は自分で変えられないし、ステップメールもどうせうまくかけないはずなので反応率は有象無象だからです。ということは売上をあげるには単純に見込み客を増やしつづけたほうが早いという判断になります。もちろんこれと並行してライティングスキルを高めればステップメールの反応率は改善するのであたり前のこととしてすべきですが。

実店舗で考えればマクドナルドのKSFは一日の来店者数と客単価です。もっともマックはブランドがあるので、あのM字の看板を人通りの多い場所にだすだけで来店者数は確保できます。あとは客単価をあげればいいので、メニューから単品表記をなくしてセットしか頼めない感じにしたり、「ご一緒にポテトとドリンクはいかがですか?」って一言いわせるということになります。この前マックに入ったらセット表記しかみえなくてひたすらポテト食べるという拷問を受けました。やることがせっこ…

まとめ

・経営するならかならず数字で把握しないとだめよ
・ほとんどの数字は把握するだけでOK
・KSFの策定だけ慎重に

無料でビジネスの基礎を学びたい方はコチラ

The following two tabs change content below.
宮岡
宮岡です。 起業=自己実現の認識のもと、自分の理想的な人生をデザインするため毎日起業で成功する方法を勉強中。 カール=マルクスによると「労働者=労働力以外に富の源泉(資本)を持たないもの」である。いまはネット上に資本を構築することが誰でも簡単にできるが、まだ多くの人間は行動していないので「ネット起業バブル」といえる。 この潮流にのりたい、ネット上に資本を構築し自由を手にしたい方はメルマガ登録へ

プロフィールの書き方新社会人、一気に抜き出る為には

6305b331359492578a554fd5ea620aac_sタイガーウッズ復活優勝に対する温度差の違い

関連記事

  1. baaaed643072f76a4c0412d468d12298_s

    韓国への経済制裁を決断できる総理の絶対権力

    こんにちは、今橋です。先週末から大阪で第14回20か国地域首脳会…

  2. 91b53bc30e86ee95e20c1e64981eb40d_s

    消費者はどういう心理からレスポンスするのか

    こんにちは、今橋です。もしあなたが、売れる商品と売れない商品の違…

  3. good-idea-sign

    おすすめ起業・副業アイデア紹介と難易度まとめ!現実的視点に立って…

    こんにちは、まさきです。別記事でも言ってますが、最近では何かと「将来への不安」や「現状への不…

  4. 98e6bcadbaee811206d5c750b673a40a_s

    会社を辞めずに副収入を得るのに大事な心構えとおすすめの方法を紹介…

    こんばんは。渡辺修一です。明日からGWですね。多い人では10連休ですね。長いお休みを…

  5. computer-3368242_1280

    ブログ ユーザー目線でブログ記事を書けと良く言われるが本当なのだ…

    ひさっちです。ブログ記事の書き方で、「ユーザー目線でブログ記事を書くと読まれるように…

  6. RED19428A007_TP_V

    起業 「宿命」を越えて生きる

    立命の書「陰騭録」あなたは「宿命」という言葉を信じますか?もし、あなたが人生の困難や悩み…

  7. baaaed643072f76a4c0412d468d12298_s

    ほとんどの社長が聞きたがらない真実

    こんにちは、今橋です。会社の売上というのは起業当初のがむしゃらな時期はどんどん伸びるのに…

  8. Yuu171226IMGL0035_TP_V

    いつまでたっても成果が出ないのはなぜか?

    こんにちは。三橋優也です。ずっと前から起業することを考えている。ずっと前から起業準備…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP