menu

やっと気付いた!お金を本気で稼ぎたい人の意識づくりとは?

The following two tabs change content below.
初めまして! 渡辺修一です。現在はサラリーマンをやっています。終身雇用制度が崩壊した現在の日本においてリストラにビクビクせずに自分で稼ぐ力を身に着け真の自由な世界を見つけるべく奮闘しています。夢は南の島にて大好きなサーフィンをしながら、波がないときはハンモックに揺られながらPC一台で生活が出来るように一日一日を無駄にせずに精進しています! 公式メルマガではブログでは書けない秘匿性の高い情報を配信しています。お友達になって秘匿性の高い情報を受け取る

こんばんは、渡辺修一です。

お金は生きていくうえで必要で、たかが紙切れですがお金があるだけで大きな安心感をを与えてくれるお守りみたいなものです。
 
でも、お金をたくさん持っている人もいれば、お金が無くて困っている人もいます。
 
 
 
この両者の違いはいったいなんなんだろう?っと考えたときに、お金を稼いでいる人っていうのは
 
多くの人にたくさんの価値を与えていることに気が付きました。
 
そこの部分から、お金を稼ぐにあたって当たり前のメカニズムが理解できたのでお話ししたいと思います!
 
 
 

まずは「お金とは何か?」を理解しよう

jikannkachi
 
この後の話しを考えやすくするために簡単にお金とは何かについて考えてみましょう!
 
 
いつも当たり前のように財布から取り出しあなたが使っているお金ですが、いざ子供とかに「お金とはいったい何か?」と聞かれたときにあなたは何と答えますか?
 
普通に考えると・・・
 
・モノを買うためのもの
・生きていくのに必要なもの
・自分のステータス
とかですかね?
 
 
上記のどれも間違っていないと思います。
 
 
ですが今回はもう少し突き詰めて考えてみましょう!
 
 
 
 

お金とは信用です

 
ずばり、私が考えるお金とは信用です。
 
どういう事かと言いますと
 
単刀直入に言いますがお金って言ってしまえばただの紙切れですよね?
 
簡単に破けるし、燃やせばすぐ燃えてしまいます。
 
 
 
けれど、お金があれば美味しいお肉が買えるし、最新型のテレビやパソコンだって買えてしまいます。
 
では、なぜこのただの紙切れで非常に高い価値のあるものをあなたは手に入れることができるのでしょうか?
 
 
それは、お金には信用がつまっているからです。
 
 
 

なぜお金に信用を詰める必要があったのか?

 
なぜ、お金に信用を詰める必要があったのでしょうか?
 
それは、信用を数値化する必要があったんですね。
 
信用は目に見えないぶん、数値化=見える化が非常に難しいんですよね。
 
 
 
 
そこで役に立つのがお金というツールです。
 
お金は信用を数値化したものなので、500円玉には500円分の価値が詰まっています。
 
 
1000円札には1000円分の信用が詰まっているのです。
 
 
 
 
お金があることによって、目に見えない信用と価値のあるものをトラブルなく交換することができるようになるのです。
 
つまりお金=信用となるわけです。
 
 
 
 

お金を稼ぐための意識づくり

afiridata4
 
お金=信用とわかれば、「信用をたくさん積み重ねればお金は一緒についてくる!」というわけです。
 
でも、信用はただお金が欲しくて働いているだけでは、人並みでしか増えていきませんので、まずは、「お金を稼ぐために働く」という意識は捨ててください。
 
さらに、あなたが今の仕事に「つまらない」「だるい」「生活するために仕方なく仕事している」といった感情を持って仕事をしているのであれば、信用なんて絶対得られないので、仕事そのものを見直すべきです。
 
 
 
 

誰かの役に立ちたい!と願う気持ちが重要です

 
ただ単純に「お金が欲しいから」という理由で働いて得た信用(お金)は、「誰かのために役に立ちたい」「貢献したい」という気持ちから生まれた信用(お金)には勝てません。

つまり「お金が欲しくて働く」のと、「誰かの役に立ちたくて働く」のでは、貰える収入に歴然の差があるという事がりかいできましたか。
 
 
 
お金を稼ぎたいのであれば
 
「自分が持っている価値を惜しみなく提供していく」
 
この意識を常日頃から持ち続け情報発信することで、あなたの信用を蓄積しドンドン信用を大きくしていくことが非常に重要です!
 
 
 
お金稼ぐことだけにフォーカスしてしまうと、どうしても行動に義務感を覚えてしまいます。
 
それが行動の信用(価値)を下げる原因になってしまいます。
 
 
 
ここからは推測ですが、おそらく最先端で活躍している人の中には「お金が欲しくて働いている」という目先の考えだけで働いている人はほとんどいないと思います。
 
お金を稼いでいる人のほとんどは「世の中をもっと便利にしたい」「1人でも多くの人に元気を与えたい」という気持ちで活動をしているのです。
 
 
 
 

夢中になれることを見つけましょう!

 
「世の中をもっと便利にしたい」「1人でも多くの人に元気を与えたい」という気持ちが、お金を稼ぐために必要な意識だと思えば
 
夢中になれることを見つけることが稼ぐためのスタート地点です。
 
 
 
 
あなたは、今の仕事が楽しいですか?
 
誰かのために何かを全力で取り組めていますか?
 
毎日、つまらない仕事を黙々と文句を言わずにこなして、定年まで安泰にずっと一定の収入しか入ってこない生活を送るか、その仕事を辞めてでもあなたが夢中になれることを見つけますか
 
 
 
あなたにはあなたにしかできないものを必ず持っています。
 
そのスキルを社会が必要とする日が絶対に来ます。
 
 
つまらないことに人生の3分の1を注ぎ込むぐらいなら、多少の安定を捨ててでもやりたい事を精一杯やる人生の方が絶対に稼げるし楽しいし後悔しない人生を送れるはずです。
 
 
 
 
 

まとめ

いかがでしたか
 
今回は、やっと気付いた!お金を本気で稼ぎたい人の意識づくりとは?というお話をしました。
 
お金を稼ぐためには
 
・お金の本質を理解すること
・とにかく信用を積み重ねる(稼ぐ意識を捨てる)
・自分にしかできない事、夢中になれるものを見つける
この3つが大切であり重要です。
 
 
ただし、すぐにお金を稼げるようになるわけではありませんので、あくまでもコツコツと信用を積み重ねることが大事です。
 
 
本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

The following two tabs change content below.
初めまして! 渡辺修一です。現在はサラリーマンをやっています。終身雇用制度が崩壊した現在の日本においてリストラにビクビクせずに自分で稼ぐ力を身に着け真の自由な世界を見つけるべく奮闘しています。夢は南の島にて大好きなサーフィンをしながら、波がないときはハンモックに揺られながらPC一台で生活が出来るように一日一日を無駄にせずに精進しています! 公式メルマガではブログでは書けない秘匿性の高い情報を配信しています。お友達になって秘匿性の高い情報を受け取る

model-2614564_640起業家の時間節約術5選

42814aa898312698970ef06bf4a124fe_s世界一シビアな「社長力」養成講座の重要性!

関連記事

  1. 3023a6ddb17c871280831af3bcd33e1f_s

    社長「負けたくない」

    こんにちは、今橋です。「このままでは、潰れてしまう…」もしあなた…

  2. a29c55d7ff3f24e80ff28e505c3fc61b_s

    大絶賛!“お金の教科書” → 無料プレゼント中

    こんにちは、今橋ですこの本は、私の今後の人生に欠かす事の出来ない教科書になりました。しか…

  3. 気分一致効果

    人は、なぜ衝動買いしてしまうのか!判断力を変える心理効果「気分一…

    こんばんは、渡辺修一です。 あなたは、こんな経験はありませんか?あなたの目の前で電車のド…

  4. 6305b331359492578a554fd5ea620aac_s

    中国共産党の独裁と日本共産党の有能さの違い

    こんにちは、今橋です。花見もこの週末でひと段落ついたところで、統…

  5. ceb2100adb0c437da83c065311d02092_s

    成功習慣が啓発本の影響ばかりだと気づいた事

    こんにちは、今橋です。紫陽花の花がそろそろ咲いてくるようで…

  6. 61e20d3f0aee0ca02c9ca1a450764501_m

    たったこれだけ!心と身体の健康法は【いっぱい笑う・いっぱい泣く】…

    こんばんは、渡辺修一です。あなたは、毎日たくさん笑っていますか?最近、このような悩み…

  7. nude-onsen

    起業ラボとは?お金も時間も有り余る人生を手にする起業家・実業家育…

    どいつも こいつも、バカ面ばっかか。お前ら 一生 負け続けるな。教師が教師なら、生徒も生…

  8. WHY

    好きなことや趣味を仕事にしたい!ハンドメイドで起業するには?

    こんばんは。 渡辺です。「好きなことを仕事にしたい」「趣味を仕事にしたい」「趣味や特技で起業…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP