menu

起業、副業するなら、方向性が大事

「まずは目の前のことをしっかりやります」

新入社員の中でも、
謙虚で礼儀正しく真面目な方がいると思います。

「いや、自分は、、」
「えっと、そうじゃなくって、、」

自分の意見を持つのは大事ですが、
結果も出てなくて実力もないくせに、
いきなり否定から入って相手を不快にさせるキャラとは正反対で、
大変好印象の方です。

「まずは目の前のことをしっかりやる」

と聞いて確かに身が引き締まる思いがするのですが、
しばらく同じ発言が繰り返されると、

だんだん、

「その目の前のことは、一体全体何に繋がっているのか」

という疑問が湧いてくると思います。

なので、この発言の前には、

「先を見据えて」

とつけるのが大事かもしれません。

がむしゃらにやる、
言われたことを素直にやる、
一生懸命やる、

確かに大切な姿勢ですし、
それがないとそもそもたどり着けないのかもしれないのですが、

「それはどこに向かっているのか」

やりながら頭の片隅にでも、
意識するのとしないとでは、
数年後大きな差どころか雲泥の差になってしまうんじゃないかと、
はっとさせられました。

たいしてやってもいないくせに、
ちょっとませた口ぶりで、

「それって何に繋がるんだよ?」
「やって意味あんの?」
「ただの自己満じゃん」

ていう発言を今までどこかで聞いたことがあったり、
あるいは自分が無意識に発していたりしたこともあるかもしれませんが、

「うだうだ言わずにやれよ」

っていう返しをする前の数秒に、

念の為、聞き入れた方がいい可能性もあるかもしれません。

逆に、早い段階から、
この手の進む方向にブレーキをかける発言を自分に向けて、

「このまま進んでも先はないな」

と思って方向転換ができた場合、
それはそれで、
ただただ素直に真面目に、

「目の前のことをしっかりやります」

だけのお利口であるケースよりも、
ずっと自分の人生に対して誠実と言えるかもしれません、

という概念を持ってから、

わりとすぐに組織を辞めて、
方向転換をする人をなんとも思わないか、もしくは前向きに思うようになり、
自分も肩の荷が降りてフットワークが軽くなる感覚を覚えるようになりました。

なので、これを読んでいただいている方も、

「先を見据えて、目の前のことをしっかりやる」

ということを意識すると、
いい方向に進むことができるんじゃないかなと思います。
…..
起業・副業に役立つWebセミナーを無料プレゼント中、
詳しくはこちらをクリック

clock-1274699_640起業、転職?、本当に時間の確保が出来ない時

paper-3213924_640脱サラして成功目指すより、成功して脱サラする方が失敗しない5個の理由

関連記事

  1. time-is-money

    機会的損失思考を持てないならビジネス・起業・副業の舞台から降りた…

    こんにちは、まさきです。今回はですね「これからビジネスをするぞ!」という方ほど、この考え方を…

  2. action-1838330_640

    起業しない方がいい人の特徴と起業しない方がいい理由

    こんにちは、しょうりです。コチラでは、起業しない方がいい人の特徴を起業しない方がいい…

  3. 46

    20代で起業したきっかけは、人生を楽しみたいから

    こんにちは、甲斐翔太です。私は26歳という年齢で独立起業しました。決してまだ法人化しているわ…

  4. little-girl-3070211_640

    起業が目的!まず最初にするべきことは?

    ひさっちです。成人してから年金を支払い続けていますが、将来本当に年金をもらえるかどうかわから…

  5. hand-2555749_640

    要領が悪い人が要領いい人になってビジネスの効率を高める方法

    こんにちは、しょうりです。こちらでは、要領が悪い人が要領いい人になってビジネスの効率…

  6. c65866d33c3f5d83d79e8759b9002cc2_s

    副業がばれない5個の方法と、ばれない副業のおすすめ

    こんにちは、しょうりです。こちらでは、副業がばれない5個の方法と、ばれない副業のおす…

  7. 932402

    本業と副業を効率よく両立させる7個のテクニック

    こんにちは、しょうりです。こちらでは、本業と副業を効率よく両立させる7個のテクニック…

  8. business-561388_1280

    【人気本・超オススメ】広告心理学

    こんにちは、今橋です。もしあなたが、売れる商品と売れない商品の違…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP