menu

ドメインの決め方と取得する方法を解説してみました

IMG_0929こんにちは、甲斐翔太です。

WordPressを使って集客できるメディアを作成していくためには、サーバーとドメインが必要になります。この取得方法がわからない状態だと何も始まりませんので、ここでは、ドメインの取得方法をお伝えしていきます。

サーバーの契約については、こちらの記事を参照下さいね。
エックスサーバーの自己アフィリで通常よりもお得に契約する方法

ドメインとは?

ドメインとは、簡単に言えばインターネット上での住所になります。それこそ◯◯.comとか△△.netなどのURLのことを指します。

起業ラボのドメインは、【kigyo-lab.jp】となっています。

GoogleのURL欄に【kigyo-lab.jp】と入力するだけで、検索することなく起業ラボのトップページが表示されます。つまり、ドメインがわかりやすくて覚えてもらいやすいものであればあるほど、閲覧する方も楽になるというわけです。

だからこそ、短くてわかりやすいドメインを決める必要があるということですね。

ドメイン名の決め方

基本的にはサイト名と同じドメインがいいでしょう。圧倒的に覚えてもらいやすいです。

ですから、ドメインを取得する場合には、WordPressのサイト名をしっかり考えてからにしましょう。サイト名を決めるためにはルールに従うとわりと早く見つけることができますので、そのルールを紹介しておきます。

サイトのゴールは何か?

そもそもサイトを作るのはいいんですけど、「何のために作るのか?」ここを明確にしておかなければ、絶対に失敗しますし、絶対に路線から外れてしまいます。

サイトを作ってメルマガに登録してもらうことが最優先なのか?
とにかくアクセスを集めることができるメディアにすることが優先なのか?
アフィリエイトやアドセンス広告からの収益を得ることがメインなのか?

これは作成する方によって異なるので、正解はありません。それこそ飲食店であれば、集客することが重要ですしね!

何のためにサイトを作成するのか?というのは、必ず考えましょう。

サイトのターゲットは誰か?

サイトを作る目的が明確になったら、メインターゲットはどんな人になるのかを明確にしていきましょう。

主婦をメインターゲットにする場合と、サラリーマンをメインターゲットにする場合では、やっぱり書いていく記事の内容を変えていかなければ意味がありません。

それこそ、主婦に向けて書いているにもかかわらず、上司の話や残業の話、満員電車の話などを記事にしていても効果は薄れてしまうというわけです。

それよりも子育ての大変さを伝える方が主婦にとっては共感されやすい記事になるはずです。そういう細かい設定を無視せずにターゲットに合わせたサイトにしていきましょう。

サイトのコンセプトは何か?

そして最後に考えるのは、サイトのコンセプトです。

他のどのサイトよりも情報量が多いサイトにするとか、面白いサイトにするとか、わかりやすいサイトにするとか、研究所のように詳しいとか、辞書よりも濃い中身にしたいとか、サラリーマンの少ないお小遣いを増やすための方法を解説するとか、主婦が子育てに追われながらもスキマ時間で生活費を稼ぐ様々な方法を解説したいとか、

あなたにしか書くことのできないものが、コンセプトになっていくということです。

起業ラボのコンセプトは、「起業を考えている人、もしくは起業しているけど利益を大きくしたい人に向けて、パソコンとインターネットを使ったビジネスの方法を解説する専門サイト」です。

これに合わせて、研究所のように詳しいサイトを目指そうという意味で、起業ラボというサイト名を考え、ドメインを決めたというわけですね。

サイト名を決めてもドメインを取ることができるかどうかは、わかりません。サイト名の候補を絞ってドメイン取得が可能かどうかを調べてから決定するのがいいでしょう。

それでは次章からは、ドメインの取得について解説していきます。

 

 

ドメインの取得方法

お名前ドットコムにアクセスします。
お名前.com

するとトップページがこのような画面になりますので、欲しいドメインを画像のところに入力して検索しましょう。
1

 

 

検索ボタンを押すとこのような画面になります。
2
この画面を見ればわかると思いますが、チェックの入っているものは契約することのできるドメインだということですね。

この画面では、ドメインに【tanosuki】と入れているわけですが、tanosuki.comもtanosuki.netもその他すべて取得することができるということです。やはり人気の高いドメインだと、.jpや、.comなどの文字列を取得できない場合がありますので注意しましょう。

 

 

そしてドメインが決まったら、決まったドメインだけを右側の赤い線で囲ったところに残して料金確認に進みましょう。
3

 

 

そして料金確認に進むと、以下の様な画面になりますので、画面通りにwho is情報公開代行一括に必ずチェックを入れるようにしましょう。忘れてしまうと、後から設定するのにお金がかかってしまいます。
5

「Whois情報公開代行」とは、登録されたドメインの各種情報が検索できる「Whois」に、お客様の情報ではなくお名前.comの用意した別の情報を表示させるサービスです。
Whoisには、ドメインの「登録者」や「お名前.com会員」などとして、氏名や住所・電話番号・メールアドレスなどの情報が表示されます。
特に個人のお客様の場合、このような情報がインターネット上で公開されることによる不利益を生じることがあります。「Whois情報公開代行」のご利用により、こういった不利益を未然に防ぐことができます。

お名前.comよくある質問より引用

 

 

下にあるサーバーの選択は特にいじる必要ありませんが、お名前.comでサーバーを契約するのであれば、そのまま契約することもできます。

そして次に進むボタンをクリックします。
6

 

 

その後は、必要な項目を入力して支払い方法を選択すれば、完了です!!
7

その後完了してから、エックスサーバーなどのサーバーに設定することで使えるようになります!

 

 

まとめ

ドメインを取得する時には、やはり適当な文字列ではSEO的にもよくありません。サイト名と一致していることは、確実に有利に働きますから、ぜひサイト名をしっかり決めてからドメインの取得に移行しましょう!!

The following two tabs change content below.
甲斐 翔太
こんにちは、甲斐翔太です。 中小企業や個人事業主向けにWEB集客とWEB販売の指導と、起業独立を目指す方にデジタルコンテンツを作って販売するビジネスを指導をしています。 ブログ、メルマガによるコンテンツマーケティングが得意。公式メルマガでは、コンテンツビジネスの始め方を解説中。 公式メルマガはこちらをクリック

image715_copyセールスに特化した5つの行動心理コピーライティングテクニックとは?

office-581131_1280WordPressの固定ページの使い方と作るべきページについて

関連記事

  1. magnifying-glass-68204_640

    エックスサーバーの自己アフィリで通常よりもお得に契約する方法

    こんにちは、甲斐翔太です。今回はWordPressによる集客を行うのにあたって必要なサーバー…

  2. office-581131_1280

    WordPressの固定ページの使い方と作るべきページについて

    こんにちは、甲斐翔太です。WordPressの固定ページをうまく活用していますか?ブログの投…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP