menu

起業を考えたら、戦わずして勝つ

満員電車がやだやだと文句を言いながら、なぜ人は毎日同じ電車に乗るのか。

満員電車によって、
初っ端からからすでに体力を消耗した状態で、
なぜ1日をスタートしないといけないのか。

この学びを微塵も生かすことのない日常は何か。

電車に対して哲学的になったことがあります。

席や空間を確保するために戦って勝とうとするのではなくて、
戦いを避ければいいのではないかという発想を持ちました。

電車内の不毛な争いにエネルギーを費やすのと、
早く起きて早く現地に入り、
空いた時間を有効活用するのとでは、
どちらが勝利と言えるのか。

これを例に使っていいのか戸惑いますが、
孫子の兵法の最も分かりやすい例だと思います。

といいながら、今度は、
いそいそと早く現地に行って時間を有効活用しようとカフェに行ったら、
実はすでに自分と同じ発想の人が多く、カフェが混雑していました。

せっかく気持ちの良い朝を過ごせるかと思いきや、
あげく、高齢のご夫婦が、でかい声で愚痴をこぼしていたので、

「朝っぱらから勘弁してくれ」

と後悔しましたが、
その会話の中に本質を突く正論が聞こえました。

「電車のせいで遅れてしまったことを遅刻の理由にする人がいるけれど、
そもそも始発レベルで早く来ていれば遅れるということはありえないから、
電車遅延は遅刻の理由にはならない」

シビアなシニアだなと思いましたが、
おこがましくも、
シンパシーを感じました。

自分から見てですが、
ハイレベルなステージがそのカフェでは成立していて、
中にはコンセントをしっかり確保し、
あたかもな自分の家であるかのように、
がむしゃらに作業をしている強者さえいました。

自分のものさしだけで物事を見ると、
実はそれが見当違いだったり、
ある特定の人たちから見たら、
普通とか至極当然である場合があるという学びを覚えました。

要するに、すごいとか、自分は頑張っているんだとか、
そういう自分の尺とか基準は、
相対的に見るとあまりあてにならない可能性があるのではないかということです。

カフェにいかに早く着くかというマウンティングのために、
もっと早く起きようと、己との勝負に固執していた時期もありましたが、

「あれ、何を目指して何と戦ってるんだっけ?」

という、満員電車と同じ原理が働いていることにゆくゆく気づき、
ループに陥っていることに気づきました。

その結果、

「そもそも満員電車に乗らない、または乗る必要がない」

という前提を作り出せば、
戦わないどころか、戦いに参加する余地すらなくなりませんか。

この、あたかも高みの見物をしているかのような域に達する状態がゴールです。

マーケティングにおけるターゲットの決め方時間がないサラリーマン必見!超効率的な勉強方法とは

424be994dba5ea51df5fee36c299edfc_s世界一効率的に億万長者になる方法ザローンチ

関連記事

  1. aeb4ec9754bbc08fa0b9adce07b6ab1f_s

    仕事で気分が上がらない時に試してみるべき作業法4選

    こんにちは、しょうりです。こちらでは、仕事で気分が上がらない時に試してみるべき作業法…

  2. B

    B型肝炎にかかるとお金がもらえる仕組みとは

    こんにちは、今橋です。あなたはB型肝炎です。と言われたらどう思い…

  3. ワールドカップ2

    今年最高視聴率を出した日本代表勝利の瞬間!

    こんにちは、今橋です。ラグビー日本代表がスコットランドに勝利して…

  4. traveller-1149973_1920

    成功した起業家が崖っぷちまで落ち成功を早める方法

    こんにちは。さとうかずまです。現在私は、会社員と起業家の2足のわらじをはいています。…

  5. netbiz

    夢を実現できる人と夢を実現できない人の違いってなに?

    夢を実現できる人と夢を実現できない人の違いは行動できるかできないかの違いがある。夢を実現する…

  6. ceb2100adb0c437da83c065311d02092_s

    金融庁の報告書のウソ、ホント?老後資金は?

    こんにちは、今橋です。「老後資金に最低2000万円必要」という金…

  7. suit-3518471_1920

    忙しく時間が無い起業家がおススメするダイエット方法の紹介【フード…

    こんにちは。さとうかずまです。現在私は、会社員と起業家の2足のわらじをはいています。…

  8. girl-2134813_640

    日本の奴隷サラリーマンが奴隷から確実に抜け出すためにやるべき3個…

    こんにちは、しょうりです。こちらでは、日本の奴隷サラリーマンが奴隷から確実に抜け出す…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP