menu

成功習慣について今一度考え直してみたところ

The following two tabs change content below.
imahashi

imahashi

こんにちは、今橋です。起業に関する自分の経験を少しでも共有できたら嬉しいです。

こんにちは、今橋です。

 

習慣について、今一度

私なりに考えてみました。

ある意味、このままでは

悪い習慣のまま

人生が終わってしまうかも

しれないという危機感から

良い習慣を身に着けるための

自分へのアウトプットでもあるかと

思います。

 

普段の習慣がこれと言って

ダメだなあと思う習慣も

ないのですけど

客観的に見て改善していくのが

よいかと思うのことが

いくつかあります。

 

それにしても、気分よく

生活していくうえで大事な事

などと思っているから

続いている習慣なのかも

しれません。

 

これは、改善の余地があると

思うのが、暴飲暴食です。

私は一時フードバトラーを

目指していたほどの大食いです。

 

プロにはかないませんが

その辺の大食いの人

くらいなら負かす自信は

かなりあります。

 

ラグビー部のご飯

大食い大会、優勝賞金5000円

は三年連続とりました。

だいたい5合くらい食べたら

優勝でしたので、普段の

夕食通りにたべれば

優勝でした。

 

さすがに今はそれほど

食べませんが3合くらいの

ご飯なら軽く食べてしまいます。

 

お酒も、飲みすぎると

いつもみなさんにご迷惑を

おかけしているので

かなり控えております。

 

まずもってこの

暴飲暴食を控える事から

始めようと思っています。

 

あと控えたいのが

テレビの視聴です。

ニュースや討論番組だったら

事業の参考になるだろうと

調子に乗って

あさまでテレビとかを

あさまで見てしまいます。

これも控えて行こうかと

思っております。

 

政治経済の情報は出来るだけ

ネットのまとめ記事で得るように

改善していきたいと思います。

 

最後にこれからは

少し控えて行こうと

思う事が、神社への参拝です。

私はもともと依存心が強いので

困ったときは常に神頼みでした。

結果的に神に救われているという

実感はありますが、成功に至っている

という実感はあまりありません。

 

ということで、この参拝を

毎月のように行っていたのを

盆暮れとお彼岸くらいに抑え

年四回お墓参りと同じくらいに

減らそうと思っております。

 

さて、これまで

ちょっとネガティブな習慣を

変えていくという話でした。

 

次にポジティブな習慣について

いかに身に着けるかと

言うの事を考えてみたいと

思います。

 

それは身近にいる成功者の

習慣を取り入れるのが

もっとも手っ取り早いと

思うのですが、そんな人の

習慣はだいたい早く起きるとか

感謝の気持ちを持つとかです。

という事で、もっと

もしやこれかと思い当たる

事を頭を振り絞って

考えてみたいと思います。

 

思いつかないので

成功の大原則というが

ありましたのであげてみます。

① 自分の行動を恥ずかしがらない

② 自分に対する言葉は肯定的に

③ 行動に対して現在進行形で述べる

④ 常に自分に対して良い想像をする

 

これが大原則かあ?

もう少し具体的にと思って

何をすれば

いいのかと思ってしまいます。

 

私なり前向きには考えては

行こうと思います。

これが大切であると

いう事を今一度心に

刻んで事業に取り組みたいです。

 

さて、成功習慣です。

習慣的にポジティブに

生きるというのは

起業家にとって今や

釈迦に説法というくらい

浸透してきていることだと

思います。

 

思考は進化する

ではないですが

思考というのは

常にいろいろと考えて

いるので、どう見ても

前向きに考える癖を

付けた方が、思考の習慣は

上手くいくようにも思います。

 

意識的に考えていることを

ポジティブにすることが

思考の習慣を前向きに

させるように思います。

 

当たり前のことを

思っているので

なんだか、いまさらと

思う事もあります。

 

ただ、これを今一度

心に刻んでみたいと

思います。

 

当たり前の事なのですが

改めて意識できるところを

前向きに考え直していく。

 

習慣を変える意味で

前向きに、考えること

普段は意識していないことも

前向きに思考していく

事が大切になるのかもです。

 

否定的に考えない

ということが

ありますが、本気で

そのように仕向けて

習慣を変えてみたいと思います。

 

具体的な生活習慣を

かえることも

もちろんですが

思考の習慣を今一度

変えてみて

前向きな思考になる

習慣を身につけさせて

見たいと考えました。

いま、まさに考え付きました。

この瞬間からその考えで行きます。

 

どうせ上手くいかない

だろうとか

いまいち売り上げが伸びない

などと思わず

本気で、そのうち

売れ出すかなあ、なんて

思いながら過ごす

癖をつけたいと思います。

 

私はネガティブな思考が

身についているように

思いますので、今から

これを改善したいと思います。

 

もしあなたもそう感じる

ならば、一緒に改善しましょう。

 

おそらくですが

子供のころはポジティブに

生きてたのになあと

いう方は、私も含めて

変われると思います。

 

とくに潜在的に

後ろ向きが身についてきた

人は前向きに生きていくことを

意識していけば

ポジティブに変われるように

思います。

 

特に私は過去を振り返る

癖があります。

過去がどうだったかというのは

ネガティブな典型です。

未来について過去がこうだった

からこうなるだろうという

考えを改めて行こうと

思います。

今自分がどうなのかを

今一度、考えてたった今から

ポジティブに生きて

行こうと思います。

まとめ

 

じっくり考えてみて

成功習慣とは

前向きな言葉

態度、考えにある

過去を振り返らず

今をみつめて生きていく

これが成功習慣への

第一歩であると

考える

聴くだけであなたの起業家精神を刺激し

今すぐ現金収入を実現する

50の最新ビジネスノウハウ

脅威のノウハウも全て、無料プレゼント!!

無料プレゼントのお知らせ

起業ラボプレゼント用メルマガ登録はここから

【今この記事も読まれています】

☞Tニコラスのコンサルタント起業成功法則大全

☞即断即決できる起業家が成功するはずですが?

☞熱中症をバカにしていると人生を棒にふるかも

☞予選敗退後の脱力感に負けないで奮起する技!

☞世界一シビアな「社長力」養成講座の重要性!

☞地域の衰退を救う貴重化の活動をより活発に!

☞大富豪の起業術の中身を知らなくても大富豪に

☞貨幣の限界効用の逓減を知る事による利益とは

The following two tabs change content below.
imahashi

imahashi

こんにちは、今橋です。起業に関する自分の経験を少しでも共有できたら嬉しいです。

2a043c175f7d8226ba19673882ff9142_sやる気が出ない時やなくした時に参考にする7人のアスリートの名言

refugees-2071324_640成功までの道のりにある壁

関連記事

  1. cafe-266651_1280

    新型コロナウイルスに感染したかも?

    こんにちは、今橋です。先日、アカデミー賞を受賞したパラサイト半地…

  2. 11a0078421c806ac276eb0ae2c97c44a_s

    Quiz:注文を27.6%あげるには?

    こんにちは、今橋です。テレビショッピングからクイズです!「あること」を試したら、…

  3. 3b4bc2722742bdbd65d6021b616f9e72_s

    大絶賛「お金の教科書」⇒無料プレゼント中!

    こんにちは、今橋です。「この本は、私の今後の人生に欠かす事の出来ない教科…

  4. JP105_72A

    将来の不安を無くすために起業する人しない人の違いは?

    終身雇用が崩壊した現代社会において、サラリーマンは常にリストラにビクビクしながら仕事をしていることで…

  5. e18adcb559b8e1cffd1995d9c9c0c816_s

    起業家がインセンティブを得るための基本とは

    こんにちは、今橋です。最近の講演会はなにかと英語で表現することが…

  6. a-writer-as-if-he-is-doing-a-great-job

    起業家、経営者になるための必須事項

    こんにちは。三橋優也です。成功起業家や成功経営者の必須事項はどのようなものであると考…

  7. blonde-2094172_640

    ネット起業の落し穴と真実

    こんにちは、しょうりです。こちらでは、ネット起業の落し穴と真実についてお伝えしま…

  8. yumemokuhyou

    成功するために決めておくべきものとは

    成功するために絶対必要なもの・・・何だと思いますか?あなたはなぜ今の仕事をやっていますか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP