menu

熱中症をバカにしていると人生を棒にふるかも

The following two tabs change content below.
imahashi

imahashi

こんにちは、今橋です。起業に関する自分の経験を少しでも共有できたら嬉しいです。

こんにちは、今橋です。

 

私はかねてから

社会的に死んでも何度も

ゾンビのように生き返る人がいる

という事を言ってきました。

 

しかしながら

本当に死んでしまうと

取り返しがつかないということは

言うまでもありません。

 

ところで

私の仕事仲間でありました

Kさんという方がいました。

Kさんはいつも笑顔で

本当に朗らかで人柄も最高の

ナイスな方でした。

 

小学校のスポーツ少年団の

コーチも積極的に引き受けるような

方で、私も息子がサッカーを

やっていたのでよく

試合会場でお会いしていました。

 

いつものように

日曜日、小学生たちが

サッカーの試合で盛り上がっている

なか、Kさんと試合会場で

お話させていただきました。

 

いつもは会釈だけくらいで

そんなに話をするような方では

なかったのですが、その時は

たまたま私の息子のチームと

Kさんがうけもっている

チームの試合でしたので

色々話せました。

 

Kさんは本当に子どもたちから

慕われていて、楽しそうに

指導されていました。

なんでも、日曜日に子どもたちに

サッカーを教えるのが生きがいだと

おっしゃっていました。

 

せっかくですので

私はkさんに私の息子が

ちっともうまくなれなくて

いつもベンチをあたためている

という悩みを相談しました。

 

そんな時も

全く心配はいらない

楽しく参加できてれば

それでいいんですよと

色々とアドバイスをくれました。

 

試合も勝っても負けても

小学生なので気にしないで

見守ってあげるといいですよ

と本当に素敵なコーチ

だと思いました。

 

小学生の指導者は

だいたいこのような

技術的な事より

教育の一環でという素敵な

コーチが多いように思いました。

 

サッカー経験者ではない

人が、立派にコーチをやっている

場合も少なくありません。

 

そんなKさんも

立派な指導者の一人だったと

思います。

 

もともと呉服屋さんに

つとめておられた

Kさんが起業して

その年が3年目くらいだった

でしょうか?

 

順風満帆にいっていると

思っていた事業が

その年、少し減益という感じ

だったそうです。

 

しかしながら、たいした

損益でもなようで

かすり傷ていどの

症状だったように思います。

 

その試合会場では

仕事の事は一切

話してはいないのですが

本当に楽しいと言われていた

Kさんはその日のよる

自ら命を絶ちました。

 

Kさんが亡くなる必要が

あるとしたら

私などは10回は

亡くならないといけない

くらいの重傷でした。

 

なのに、あつかましく

生きて暮らしています。

命はひとつ人生は一回きり

命を捨てないようにと

言い聞かせていきてきた

おかげかもしれません。

 

ドイツの有名な起業家が

1000億円の資産がありながら

株で失敗して

自殺したという有名な話が

あります。

 

この話はもともと

どうやったら

億万長者になれるかという

起業家向けへのはなしでは

なかったように思います。

 

その有名な

資産家がフォルクスワーゲンが

つぶれそうだという事で

フォルクスワーゲンの株を

大量に空売りしたところ

フォルクスワーゲンが

ポルシェに買収されたとかで

株が高騰してしまい

100億円の損失を被ったそうです。

 

それでもまだ900億円の

資産があったにも関わらず

その資産家は自殺されたそうです。

 

ほとんどの方が不思議に思われる

そうですけど、これは

その人の立場になってみないと

わからない、本当に奥深い

話だとおもいます。

 

起業家として上手くいく前に

心の安定が必要なのかもしれません。

精神的に追い込まれていた

とか心の病がと思われるかたが多いかと

思いますが、私はちょっとした

錯覚や勘違いから

このような悲惨な事が

起こるような気がしてなりません。

 

さて前置きが

長くなりましたが

昨日、北海道で39.5℃まで

気温が上がったそうです。

 

なんでも北海道のエアコンの

普及率は25%だそうです。

もともと涼しい北海道が

40度近くの気温になった時

住民のかたの不快指数も

そうとう上がったのではないかと

想像できます。

 

それでも不快でたまらん

死にそうだ!

というレベルであれば

問題はありません。

 

 

私は熱中症で亡くなる人が

元気で家まで帰っている

という事を申し上げたいのです。

 

人は誰でも、生きたいという

本能があります。

私などは欲深いので100歳まで

生きたいとか思ってしまいます。

 

そんな大きな欲求がありながら

熱中症にかかりながら

歩いて家まで帰って

布団の中で亡くなるということが

あります。

 

それは起業して

自分は大丈夫と思いながら

簡単に命を絶つ人に

似ているように思えてなりません。

 

それは会社員の人にも

言えることかもしれません。

死ぬつもりはないのに

ふとホームから

電車に飛び込むと

楽そうだと

勘違いしてしまった

という人を

二人知っています。

 

窪塚洋介さんが

育児につかれて9階から

飛び降りて幸に

全治二か月のけがで

済んだのも

勘違いなような気がします。

 

9階から

落ちている間

しまった間違った

と思ったそうです。

 

人間ですので

選択を誤ることも

多いかと思います。

 

命のスペアはありません。

今一度何が正しくて

何が勘違いなのかを

考えながら

起業なり

作業なり

するときは

命の危険がある

瞬間を見逃さない

でほしいと思います。

まとめ

 

誰も熱中症で

死ぬとは思っていない

起業して

死ぬこともないと

おもっている

しかし亡くなる人が

いることも事実

選択を誤らない

事が大切

暑いときは早めに

エアコンの効いた

部屋でやすみましょう

儲からなときは

息抜きも大切かも

聴くだけであなたの起業家精神を刺激し

今すぐ現金収入を実現する

50の最新ビジネスノウハウ

脅威のノウハウも全て、無料プレゼント!!

無料プレゼントのお知らせ

起業ラボプレゼント用メルマガ登録はここから

【今この記事も読まれています】

☞貨幣の限界効用の逓減を知る事による利益とは

☞お客様が集まるオンラインコンテンツの作り方

☞思考は現実化するプログラムに大金を投じた事

☞憲法改正を論じる前に起業家としてやるべき事

☞起業家へ趣味を持つことの重要性を訴えたい!

☞最後通告ゲームにおける最も成功する選択とは

☞飲む打つ買うを程々に部下の気持ちに共感する

☞超幸せな起業家になる為に神頼みは最高の手段

The following two tabs change content below.
imahashi

imahashi

こんにちは、今橋です。起業に関する自分の経験を少しでも共有できたら嬉しいです。

3fd6f74efa3a934b11a181ecc148cf66_mネタ切れしない!ブログ記事を書くためのネタの仕入れ方とは?

暑い北海道で最高気温39.5度を記録!!!!!

関連記事

  1. blonde-2094172_640

    ネット起業の落し穴と真実

    こんにちは、しょうりです。こちらでは、ネット起業の落し穴と真実についてお伝えしま…

  2. OLYMPUS DIGITAL CAMERA

    起業 「リミッターの向こうへ」 case5 地球の限界は?

    「成長の限界」1972年にローマクラブが出した本のタイトルが「成長の限界」。内容は、下記…

  3. 人物アイコン

    ビジネス・起業で成功するのはどんな人?

    こんにちは。三橋優也です。ビジネス成功者や成功起業家になって、理想のライフスタイルを手に…

  4. dfaf0d212d3fe0d642ace4b04cd2e515_s

    2019年なぜ個人が起業して稼げるのか

    要約:ネットの普及でビジネスのスピードが上がったので、既存の企業体のようなビジネスモデルは今後衰退し…

  5. 6305b331359492578a554fd5ea620aac_s

    起業するなら日本式より中国式がオススメかも

    こんにちは、今橋です。起業するためにいろいろと努力をしている人…

  6. now-1120279_1920

    年収1000万円稼ぐ方法とは?それは「無意識」を使うこと!?

    こんにちは、渡辺修一です。あなたは、年収1000万稼ぐ方法を知ってますか?いきなり何…

  7. girl-way

    転職と起業どっちにするとか悩まない「第三の選択肢」

    こんにちは、しょうりです。こちらでは、転職と起業どっちにするとか悩まない「第三の選択…

  8. achieve-1822503_640

    人生を変える期間

    時間があっという間に過ぎるのを感じると、しっかり力がついているのかとか、自分がやってきたことは正しい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP