menu

定年引上げになっても困らないために今からやっておくべき2個のこと

The following two tabs change content below.
しょうり
こんにちは、しょうりです。バスケと音楽と自由を愛する早起きが苦手な起業家&教育家です。メルマガで情報配信、起業ラボではライターしつつ、教育系Youtuberとしても活動中。メルマガではストレスなくビジネスを継続する作業術や着実に成果をあげるマインドセット、再現性の高いビジネスノウハウを公開しています。無料プレゼントもあるので興味ある方はお気軽にお越しください⇒プレゼントの受け取りは今すぐコチラをクリックorタップ!

こんにちは、
しょうりです。

こちらでは、
定年引上げになっても困らないために今からやっておくべき2個のこと
をお伝えします。

「定年引上げになっても自分は関係ない。」って言えるような状況を手にしておくためにぜひ参考にしてください。

 
 
★無料プレゼント配布中♪
無料プレゼントのお知らせ
今すぐクリックorタップして登録しておく
 
 

定年引上げで定年何歳になる?

疑問
定年引上げするとかしないとかいろいろ言われてますよね。現状は企業によって60~65歳が定年みたいです。

少子高齢化社会の影響で今後は70歳まで引き上げられる可能性もあるそうですね。とりあえずは70歳といわれていますが、人生100年時代とか言われてるし、さらに先の未来はもっと上げられる可能性もあるんじゃないかなって感じです。

それに伴って年金の受給年齢もどんどん上がっていきそうで困った話ですよね。

定年引上げのメリット

1577141
ここからは、
定年引上げのメリット
をお伝えします。

定年引上げのメリット① 長く働ける

定年引上げのメリット1つ目は、
長く働ける
です。

仕事以外に趣味ややりたいことがない人は、長く会社に残って働けるのはメリットかなと思います。

60とか65で定年退職して、なにもやることなくなって家に引きこもってぼけていくっていう人多いですからね。

定年引上げのメリット② 優秀な人を長く雇っておける

定年引上げのメリット2つ目は、
優秀な人を長く雇っておける
です。

これは会社側のメリットですね。定年が引上げになれば、優秀な人材を長く雇って今まで以上にこき使えるというわけです。

使われる側からしたらメリットではないですけどね。

定年引上げのデメリット

1734286
ここからは、
定年引上げのデメリット
をお伝えします。

定年引上げのデメリット① しんどい

定年引上げのデメリット1つ目は、
しんどい
です。

やはり年齢とともに体力も落ちていく人が多いので、長く働くのはしんどいです。

元気いっぱいの人は関係ないけど、そうじゃない人にとっては定年引上げはなかなかやっかいな話です。

定年引上げのデメリット② 会社の高齢化

定年引上げのデメリット2つ目は、
会社の高齢化
です。

定年が引き上げられると高齢者が会社にたくさん残ることになるので、会社の高齢化がおこります。

でそのため世代交代がなかなか進まないなんてことも起こってしまいます。若い人に任せるよりも経験ある高齢の社員がやったほうがスムーズに進みますからね。なかなか若い人は任せてもらえず、成長の機会を失う可能性があります。

定年引上げのデメリット③ 退職金は増えないっぽい

定年引上げのデメリット3つ目は、
退職金は増えないっぽい
です。

定年引上げによって長く働く分、退職金の多くもらえるのかと思いきや、案外そうでもなさそうなのが現実みたいです。

もちろん会社によるとは思いますが、すべての人が長く働いたからって多く退職金もらえるってわけではないってことです。

定年引上げになっても困らないためにやっておくべきこと

1670324
ここからは、
定年引上げになっても困らないためにやっておくべきこと
をお伝えします。

定年引上げになっても関係なく辞めたいときにやめて、定年引上げで困らないためにぜひ今のうちから実践していってください。

定年引上げになっても困らないためにやっておくべきこと① 適度に貯金をしておく

定年引上げになっても困らないためにやっておくべきこと1つ目は、
適度に貯金をしておく
です。

定年引上げになってもそんなに長く働きたくないのであれば、会社やめても生活に困らない程度の貯金をちまちまやっておきましょう。

そうすれば定年引上げになっても辞めたいときにやめることができます。

定年引上げになっても困らないためにやっておくべきこと② 副業で稼げるようになっておく

定年引上げになっても困らないためにやっておくべきこと2つ目は、
副業で稼げるようになっておく
です。

定年引上げになってもそんなに働きたくない場合は、貯金するのと同時に今のうちから副業はじめて稼げるようになっておくのもおすすめです。

副業で稼げればそれを貯金に回して今の生活水準を下げずに済むし、退職してからも貯金とそっちの稼ぎで生活費を稼げるようになります。なのでなんの心配もせずに辞めたいときにやめれるようになります。

ということで今すぐ副業をはじめていきましょう。何から始めていいかわからない方は、とりあえず以下からわたしの無料メルマガに登録して豪華特典を受け取っておいてください。

無料プレゼントのお知らせ
今すぐクリックorタップして登録しておく
 
 

さっさと稼げるようになった場合のおすすめ

1427025
ここからは、
さっさと稼げるようになった場合のおすすめ
をお伝えします。

今すぐ副業をはじめて、さっさと稼げるようになった場合は、早期退職制度を活用して早期退職するのがおすすめです。

早期退職は、割り増しで退職金がもらえる、時間的自由が手に入る、会社のストレスからはやめに解放される、というメリットだらけのシステムなので、活用しない手はありません。

なのでさっさと副業で安定して稼げるようになって、早期退職して退職金も多めにもらって楽しい人生を手にしていきましょう。

最後に

1756836
以上、
定年引上げになっても困らないために今からやっておくべき2個のこと
でした。

とにかくここでお伝えした2つのことを実践することが、定年引上げになっても困らず好きに生きるための秘訣です。

なので長く会社にこき使われるのは嫌だ!って少しでも感じる方はぜひやってみてください。

行動すれば未来は変えられますから。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございます。
しょうり
 
 
★おすすめ記事
⇒ 在宅副業のデメリットを回避する8個の行動と意識
⇒ 手が冷たいせいでパソコン作業の効率が落ちる人のための対策4選
⇒ 田舎でも効率よく稼げる副業は1つだけ
⇒ 仕事から逃げる勇気を手にする5個の方法
 
 
★無料プレゼント配布中♪
無料プレゼントのお知らせ
今すぐクリックorタップして登録しておく
 
 

The following two tabs change content below.
しょうり
こんにちは、しょうりです。バスケと音楽と自由を愛する早起きが苦手な起業家&教育家です。メルマガで情報配信、起業ラボではライターしつつ、教育系Youtuberとしても活動中。メルマガではストレスなくビジネスを継続する作業術や着実に成果をあげるマインドセット、再現性の高いビジネスノウハウを公開しています。無料プレゼントもあるので興味ある方はお気軽にお越しください⇒プレゼントの受け取りは今すぐコチラをクリックorタップ!

1482191show仕事の選び方がわからない人のためのおすすめの仕事の選び方

aa09a02f1cd199fd924418fd5a7c32ab_s元プロゴルファー藍ちゃんの強さの秘密は「読書」?

関連記事

  1. 0812035923

    正直に自分の商品の欠点を明かす

    こんにちは、今橋です。”この商品は、最高の品質です。世界中のどこにもないものです。今…

  2. 086765e4e883afc4d54b78b212defc05_s

    【人気本・超オススメ】広告の心理学

    こんにちは、今橋です。もしあなたが、売れる商品と売れない商品の違いを知りたい。…

  3. clock-1606919_640

    副業で起業したのは、人生を楽しみたいから

    ども!ひさっちです。今、脱サラして起業して自由なライフスタイルを手に入れている人がた…

  4. write-593333_1280

    売れる脳科学、人を動かす説得の図式

    こんにちは、今橋です。あなたは不思議に思ったことがありませんか?なぜ、賢そうな人が…

  5. 11a0078421c806ac276eb0ae2c97c44a_s

    Quiz:注文を27.6%あげるには?

    こんにちは、今橋です。テレビショッピングからクイズです!「あること」を試したら、…

  6. pebbles-2020100_640

    社会人が副業で安定した収入を得るのにおすすめのビジネス

    こんにちは、しょうりです。こちらでは、社会人が副業で安定した収入を得るのにおすすめの…

  7. adventure-1807524_640

    頭にフルーツを塗る週2回の常識外のヘアケア

    こんにちは、今橋です。毛髪の悩みを抱えると、世間で毛髪によいとさ…

  8. business-18107_1280

    起業・副業に関する本を読む時に意識しておきたいこと

    本を読んだら、その中の一つは行動してみるということは、色々な方が既に取り組んでいることだと思いま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP