menu

起業の失敗で多い原因とは?

The following two tabs change content below.
大野 博誠
2007年に都内で接骨院開院 現役柔道整復師として院を経営する傍ら(Wordpressでの)ホームページ制作+運用コンサルにより、リピートしてくれる(ストレスの少ない)患者さんの治療に専念して、新規集客に悩まず運営していく治療院経営を目指す、小規模の治療院のためのワードプレスホームページを専門に作成している。
大野 博誠

最新記事 by 大野 博誠 (全て見る)

起業しても、最初からすべてがずっとうまくいくという事はあまり考えられません。

当然うまくいかないことも起こるのですが、あまりにも大きな失敗をすると、再起不能になることも考えられますので、起業する前に知っておきたい、起業に失敗しやすい例を紹介したいと思います。

知識がなく何をどうやってビジネスを展開していけば良いかわからない

起業の失敗で多い原因の1つとして、ビジネスに関する知識が圧倒的に少ないということも挙げられます。

起業家としてビジネスを展開するためには、情報収集力と、情報から世間のニーズをいち早くキャッチすることが求められます。

もし、すでにやりたいことがあっても、ビジネスに関する知識があまりないと、どのようなビジネスを展開していけば良いのかがわからないですし、間違ったやり方をしてしまい失敗してしまう可能性が高くなります。

例えば何かを作って売るビジネスを展開していく場合でも、自分で起業する以上は製作者や職人ではなく、運営者だという自覚がなければいけません。

当然ですが、何もノウハウがないにもかかわらず、起業家として成功できるほど甘くはありません。

成功している起業家であれば、しっかりとしたノウハウを持ち合わせていたり、事前にビジネスに関するノウハウを勉強したり、起業後も、どうすればビジネスで成功することができるのかを勉強しています。

起業で失敗する人はそのようなことをしていない人たちが多いので、起業で成功したいのであれば、最低限のノウハウを身につけられるように、マーケティングを正しく学ぶ努力を惜しまないでください。

間違ったビジネスを展開している

起業家になりたいという方が昔に比べてかなり増えていますし、自分でビジネスを起こしたいという気持ちの人も多いです。

ですが、そのような安易な気持ちで起業して失敗する方も多いのが現実です。
理由としては、間違ったビジネスを展開していることといえます。

当然、ビジネスを正しく展開していかなければ収益を上げることができませんし、ビジネスマンとして成功できません。

起業で失敗する人によく見られる間違えに、需要のないビジネスを展開し、赤字になるということもかなりあります。

当たり前ですが、誰も関心のないビジネスを展開しても売上も伸びないですし、儲けることができません。
また、需要があっても欲しい人に届ける方法がなければどうにもなりません。

失敗する人はそこをわかっていないことが多く、頑なに自分の考えが正しいと思い込んでいるというケースも珍しくないのです。

特にビジネスに関する知識がない人にそのような傾向が多くあるので、間違ったことをしていることに気づけないまま失敗に終わるということもよくあります。

集客についてよく考えていない

ビジネスで失敗する人には、集客にあまり力を入れなかったり、正しく集客できていないということが多くあります。
提供するものが良いものであれば、集客に力を入れなくても何とかなると思うかもしれませんが、集客について考えていないと、最初に軌道に乗せることができずに大苦戦することになるでしょう。

ビジネスで稼いでいくには、特に最初は正しく集客する事が必須です。

今ではインターネット、SNSを駆使して集客していくことがそれほど難しくありませんし、よりたくさんの人々に興味を持ってもらうためにはブログ、ホームページ、SNSなど、ネットを有効活用することが一番です。
そうすることで集客力もアップし、売上を大きく伸ばせる確立もかなり高まります。

特に、自分の資産になる媒体として、自分でドメインを取得してホームページやブログを持つことは必須と言えます。

snsなどは、規約の変更などでいきなり使えなくなる可能性があったり、過去の投稿が埋もれてしまうという問題がありますが、多くのインフルエンサーと言われる方々が上手にSNSを有効活用しています。

もし、SNSで情報発信していくことに慣れているのでしたら、snsを活用することが起業家として成功するための第一歩と考えるのもオーバーではないでしょう。

InstagramやTwitterなどをうまく活用することで、起業家として有名になることも不可能ではありません。ちょっとでも集客数を増やしたいという場合は、そのようにSNSなどを有効的に活用することが大切になります。

Twitterなどはリアルタイムで速効性が高く、情報をいち早く発信できるので、売上を大きく増やしていきたいときには最適でしょう。
SNSでしっかりと集客することで、今後のビジネスが大きく変わっていく可能性は高いといえるでしょう。

でも最終的にはsnsから自分のホームページやブログに来てもらいそこで本格的な集客をする事が必要になります。

人の意見に耳を貸さない

起業を始めても失敗に終わる原因として、人の意見に全く耳を傾けないというケースです。

これは自信家の方に多いのですが、自分が絶対だ、自分が間違っているわけがないという思いが強く、人の意見を参考にしなかったり、全く人のアドバイスに耳を貸さないという場合もかなりあります。

もちろん最終的な判断は自分でするしかありませんが、特に、成功している人の言う事は、とにかく一度は聞いてみることです。

ビジネスで成功している人というのは、柔軟性があり、人の意見をうまく参考にしたり、人の意見にもしっかりと耳を傾けるという方が多いはずです。

ただ単にネガティブなことをいうだけの人の意見は参考になりませんが、自分の意見が絶対で、人の意見に全く耳を傾けないという頑固な人であれば、スタッフや顧客との関係もこじれやすくなることも考えられます。

(まとめ)

起業で失敗する原因としては

・ビジネスに関する知識がなくどう展開していけば良いかわかっていない

・間違った方法でビジネスをしている

・集客を正しくできていない

・人の意見に耳を傾けない

このようなことが、起業で失敗する原因として多いと感じます。
起業家として成功するためにはノウハウを身につけ、情報収集も欠かせません。そして、正しくビジネスを展開し、集客をしっかりとし、人の意見にも耳を傾けられる柔軟性も必要になります。

また、起業して、すべてがずっとうまくいくという事ばかりではありません。
一度の失敗で再起不能になることの無いように、大ダメージを負わないで済むように考えておくことも大切です。

The following two tabs change content below.
大野 博誠
2007年に都内で接骨院開院 現役柔道整復師として院を経営する傍ら(Wordpressでの)ホームページ制作+運用コンサルにより、リピートしてくれる(ストレスの少ない)患者さんの治療に専念して、新規集客に悩まず運営していく治療院経営を目指す、小規模の治療院のためのワードプレスホームページを専門に作成している。
大野 博誠

最新記事 by 大野 博誠 (全て見る)

puzzle-1487340_1280ブログ記事ををスラスラと書くためにやるべき3つの事とは?【1記事1時間で書けますよ】

232b1ea011a17a3a4d64c01a3001dbf0_m失敗を恐れずに新たな物事に取り組む2つのこと

関連記事

  1. 424be994dba5ea51df5fee36c299edfc_s

    起業するために最も重要な事、最も不要な事!

    こんにちは、今橋です。起業するという事は特別なことと思っていました。特別な才能が必要…

  2. chikaratsukiru_businesswoman

    結局どう人と付き合っていくかが重要な理由!

    こんにちは三橋優也です皆さん人間関係って1番悩みますよね。いつでもどこでも。…

  3. 終身雇用の終わり

    自分は終身雇用ではないんだという認識を持とう!

    徳田です。ちょっと本業の方が忙しかったりしてご無沙汰してしまいましたが、ぼちぼち記事をまた書…

  4. a699942a

    「説得」と「操作」の唯一の違い

    こんにちは、今橋です。説得は双方の人間が合意に達し、恩恵を受けられるので、説…

  5. cut-1123725_1920

    起業家とはこだわり人です!料理好きな起業家がおススメするこだわり…

    こんにちは。さとうかずまです。現在私は、会社員と起業家の2足のわらじをはいています。…

  6. 3023a6ddb17c871280831af3bcd33e1f_s

    感情を動かすボタンを押されたパンドラの箱は

    こんにちは、今橋です。私は何度か新聞に折り込みチラシを入…

  7. 3b4bc2722742bdbd65d6021b616f9e72_s

    やる気があるならまだ救いあり無いときの為に

    こんにちは、今橋です。日本人の働きぶりを一言で言って必死という言…

  8. 6305b331359492578a554fd5ea620aac_s

    東大の司法試験合格率が弁護士の苦労を物語る

    こんにちは、今橋です。サラリーマンは気楽な稼業ときたもんだとその…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP