menu

《永久保存版・第6回》ブログ・メルマガで120%活用できる普遍的なコピーライティング・書き方13のルール

The following two tabs change content below.
おおた まさき
起業ラボ執筆をはじめ、メルマガ、オウンドメディア運営における広告収入(アフィリエイト)で、毎日GWのような自由気ままなライフスタイルを満喫中。 いろんな副業ビジネスを経験した私だから言える体験談をもとに、起業独立を目指す人に向けて情報発信しています。 メルマガでは、客観的事実に基づき成果が出ているサイドビジネスなど随時紹介しています。 気になる人はこちらをクリック(公式メルマガ登録)

こんにちは、まさきです。

今回は、『ブログ・メルマガで120%活用できる普遍的なコピーライティング・書き方13のルール』の第1〜5回で述べた、

【ルール1】善の洗脳
【ルール2】相手の現実を理解して、あなたの価値観に共感してくれる人を集める
【ルール3】言葉(文章)は、あなたのシンボルそのもの
【ルール4】相手の不安を知る
【ルール5】相手が本来もつ悩み・不安を気づかせて「解決策」を提案
【ルール6】禁止ルールの提示
【ルール7】時間指定・期限を守ることの重要性を説く
【ルール8】指令
【ルール9】怒り
【ルール10】公開処刑(ペナルティ)
【ルール11】強制退会

に引き続き、第6回(最終回)ということで、

【ルール12】メンバーに幸福をもたらす免罪符を売る!?
【ルール13】利益の出る高額商品を売ろう!

について解説します。

第1〜5回の記事はこちら。

では早速説明に入ります!

 

【ルール12】メンバーに幸福をもたらす免罪符を売る!?

《ルール12のポイント》
[ポイント1]ここで言う「免罪符」はメンバーを救済する”商品”そのもの
[ポイント2]ネットなどで調べればすぐ出てくるような情報やモノではなく、価値提供によりお金を稼ぐという感覚を大切に

いわゆる「免罪符を買えばキリストの母マリアを犯しても許されるのだ」のあの”免罪符”です。

知っている人も多いと思いますが免罪符とは、簡単に言えば「自身の罪や落ち度に由来する非難を免れる名目」を意味です。

これをビジネスという視点で見れば「商品・サービス」ということになります。

となると”免罪符”を売るにしても、免罪符の言葉の意味から買う側に免ずるべき”過ち”や”罪”の意識がなければならないことになりますよね。

ただ、キリスト教では信者達の不明瞭な不安に対し”罪”と説き、それに対し「免罪符」で”罪”を軽くしたり、免れるという名目で「免罪符」の販売が成り立っていました。

要するに、半ば当然のように”罪”を与え、ある意味、勝手に「免罪符」を売っていたというちょっと滑稽(こっけい)な図式があったということです。

これをメルマガ読者や、オンラインサロンのメンバー、ユーザー、顧客などに置き換えると、「彼らに”罪”があるわけでもないのに「免罪符」を売るってどうなの?」

とか思ったりする必要はないということです。

とはいっても、真面目な人ほど、気持ち的になんか悪いことしてるような感覚になってしまうかもしれませんね。

もちろん悪用厳禁ですが「免罪符」は必ずしも悪いわけではないです。

すなわち、第1回目からお伝えしているように、善の洗脳を根底に相手(読者・メンバー・顧客)を救うことができればOKということ。

その相手が少しばかりのお金を投資するだけで、「現在の悩み」や「将来の不安」から解放され、明るい未来を実現できたらそれに越したことはないですよね?

そう考えれば実はすでに「免罪符」は、そこら中に溢れかえっていることになります。

たとえば、ネットビジネスというジャンルなら

メルマガアフィリエイトで、成果が伸び悩んでいる人向けの情報商材を販売している
ブログ(サイト)で、アクセスが伸び悩んでいる人向けにアクセスアップのためのSEOノウハウの情報コンテンツを販売する
オンラインサロンなど月額制ビジネスを構築したい人向けの情報商材の販売

などのような悩みや課題を解決して、よりビジネスを加速してもらうための商品と言った具合です。

結局のところ人の性質として、ここでは「罪」のあるorなしに関係なく、お金や時間など何かしらの”代償”を差し出せば、その出した分だけ何かを得られるという認識を持ちます。

(ちょっと余談ですが、それに対して、たとえそれが実現性のある”本物のノウハウ”だったとしても人は無料のものには価値を感じないので、結果として何も行動せず皮肉にも救われないという末路になりがちです^^;)

なので、あなた自信も「免罪符」を売って、第1回目の最初の『【ルール1】の洗脳』の中で出てきた“悪の染脳”により、お金を巻き上げるのではなく、免罪符=商品」と捉えて、相手(読者、メンバー、ユーザー、顧客)に救いの手を差し伸べると考えてください。(もし、これが詐欺商材だとしたら、今まで築き上げてきた「善の洗脳」が一気に覚めてしまうのは想像に難しくないですよね)

つまり、ここでいう「免罪符」はあくまで”こじつけ”なので、あなたの商品やサービスが、相手(読者、メンバー、ユーザー、顧客)の悩みや不安を解消して幸せにしてあげられる」のなら、臆せず堂々と売りましょうということです(^^)

これはビジネスの本質の本質の本質ですが、その相手の悩みや不安、目的を達成させる価値を提供できたのなら、価値(あなたのノウハウ)と価値(相手のお金)の交換というスキームが成り立つのです。

もちろん、ネットで調べればすぐ出てくるようなノウハウは、言うまでもないですが「価値を提供できている」とは言えないので当然稼げません。

理想は、あなたなりの体験談を織り交ぜながら、

「◯◯はよかったけど、△△はダメ!」
「もっと得する裏ワザ教えます!」
など、その話を聞いて相手が
「すごく貴重な情報を聞けた!!」

とメンバーがなるような情報が入っていないといけません。

あなたに、この『【ルール12】メンバーに幸福をもたらす免罪符!?』で実践して欲しいのは以下になります。

相手(読者、メンバー、ユーザー、顧客)を救うために販売する商品やサービス、もしくは紹介(アフィリエイト)する商品・サービスを考えましょう。
その商品・サービスによって、その相手にはどんな明るい未来が待っているかを考えましょう。

 

公式メルマガでは、
パソコン1台で完結する“地に足のついた””再現性の高い”ビジネスノウハウ
パソコン1台で“少ない労働時間““高い利益率“を両立させた最先端のビジネスノウハウ

ビジネス・起業・副業をする上で知っておかなければならない本質的な話
ビジネスに限らず他では聞けないような裏話
などといった個人でスモールビジネスを行う上で知っておかなければならない情報をメインに配信しています。
⇒ メルマガ登録と各種プレゼントを受け取る
無料プレゼントのお知らせ

 

【ルール13】利益の出る高額商品を売ろう!

《ルール13のポイント》
[ポイント1]あくまで最終目的は利益の出る高額商品「バックエンド」を販売すること。
[ポイント2]無料→フロントエンド、そしてバックエンドの流れが心理的側面から見ても売る流れとして有効
[ポイント3]バックエンドの料金設定は、最初はあえて大きな金額を提示して下げていくのが有効(必ず理由を添えること)

『【ルール12】メンバーに幸福をもたらす免罪符を売る!?』で商品を買ったメンバーなら、善の洗脳が、かなり高い段階に達していると言っていいでしょう。(フロントエンド)

そして、そんなメンバーに、より高額な商品を販売して、それをまた買ってもらうのが最終ステップになります。(バックエンド)

ただし、それを維持できるのは、あくまでビジネスの決まり文句の中でも代表的なものである「結果がすべて」という言葉がある通り、あなたが販売・紹介(アフィリエイト)した商品・サービスで悩みを解消できたり、目的を達成できた場合に限ります。

これを回避するには、
絶対にインチキで詐欺まがいの商品・サービスは売らないでください
という一言に尽きます。

そして、あなたが販売・紹介(アフィリエイト)した商品により、無事、悩みや不安を解消したり、成果を出したり、目的を達成したメンバーは、さらにあなたを慕うようになります。

このようなメンバーなら、今後も商品を買ってくれる(もしくは買ってくれやすくなる)というのは想像に難しくないですよね(^^)

項目の冒頭の方で何気なく「フロントエンド」と「バックエンド」という言葉を伝えていましたが簡単に言うと、

フロントエンド」は、最初に販売した商品・サービスで、比較的安価、もしくは内容の割に安価なコスパの高いモノを売ることが多く、
それに対して、
バックエンド」は、【ルール13】の題目でもある本当に利益の出る高額な商品・サービスを売る

ということになります。

後者の高額なバックエンドが売れるか、売れないかは、これまでのステップ、特に・・・

『【ルール5】相手が本来もつ悩み・不安を気づかせて「解決策」を提案』でお伝えした
無料の情報コンテンツ
『【ルール12】メンバーに幸福をもたらす免罪符を売る!?』でお伝えした
フロントエンド

において、的確な情報を提供し、その結果メンバーを解決に導けたかが左右されます。上記の工程を経た上で、高額商品を販売すれば、いきなりポンと差し出して提案するより、遥かに売りやすいのは想像に難しくないでしょう。

以下の記事の「メルマガは無形商品・サービス、高額商品も売りやすい!」の項目でもお伝えしていた通り、メルマガ(ステップメール)が高額商品の販売に強いというのは、こういったところにリンクしてきます。

理由は簡単です。

あなたが過去に提供した「無料コンテンツ」や「フロントエンドの商品」の評価も踏まえ多少高くても、

「今回もあなたの商品(バックエンド)を買えば、もっと自己実現でき幸せになれる!」

という心理状態だからです。

すなわち結論を言えば、この高額商品・サービスという位置づけのバックエンドを何度もリピートしてもらうのが、この6回に渡って解説してきた『ブログ・メルマガで120%活用できる普遍的なコピーライティング・書き方13のルール』の最終目的ということになります。

ただ、バックエンドが高額商品という位置づけになる以上、メンバーからすれば、必然的に金銭的な部分に左右されたりするので、それもあってだからこそ、いきなり高額商品を販売しようとせず・・・

[ステップ1]無料の情報コンテンツ(主にリスト(メールアドレス)集め目的)
[ステップ2]内容の割に値ごろ感あるフロントエンド(もちろんスペックそのものや、内容の充実度、サービスレベルなどはバックエンドに及ばないように設定すること)
[ステップ3]利益を出すバックエンド(高額商品)

という流れが有効ということになります。

たとえば[ステップ1]なら「無料な割に(情報コンテンツの)クオリティが良さそうだし、それならひとまずメルマガ登録してみようかな」となりリストを集めやすくなります。

先程もお伝えしたように、いきなり高額商品を販売しても見向きもされないのは目に見えているので、それなら上記のステップの流れのように小さなことからコツコツとシナリオを進め、その上で最終的な本当の狙いを達成できるというニュアンスです。

このことは販売データや心理的側面から見ても実証済みです。

別の言い方をすると人の性質として

一度でも相手の要求に応えたら、断ったときに比べて、次の要求も断りにくくなる

というものがあります。(一貫性の原理

もう1つ有効な心理的要素として「返報性の原理」というものがあります。

これは言わば、先程の「一貫性の原理」とは逆で、

[ステップ1]断られるだろうということを前提に大きな要求をあえて出す
[ステップ2]そして本来、通したい要求を小さな要求として出す

というものです。

そうすると、相手(読者、見込客、メンバー、ユーザー、顧客)からすれば、

[ステップ1]断られるだろうということを前提に大きな要求をあえて出す
相手 →「はじめの要求を断ってしまってよかったかな・・・」
[ステップ2]そして本来、通したい要求を小さな要求として出す
相手 →「もしかして無理して譲歩させてしまったかな・・・」

という感情が芽生え、「(本来あなたが通したかった)小さな要求は受けようかな、どうしようかな」となり、「返報性の原理」を利用しないよりかは断りにくい状況を作り出すことができます。

(念の為に言いますが、当然これまでのステップを着実に踏んで「善の洗脳」を深めた相手に対してということです。いきなりストレートで返報性の原理を使っても成功率は著しく下がると思ってくださいね。)

私自身、副業でスタートした時を含めればネットビジネス業界には、かれこれ7年以上携わっていますが、その中で情報コンテンツの教材を販売する手法として「本来なら”◯◯な理由で”30万円で販売したいところですが、今なら特別に◯◯ということで期間限定の特別価格として5万円で販売したいと思います」

などといった販売手法をよく見かけます。

つまり、最初は”30万円”という大きな額を設定しておいて、あえて相手(読者・メンバー・ユーザー・顧客)が渋るという状況を作り出し「20万→10万→5万」という感覚で下げれていけば、返報性の原理が働き、人の心理的性質上、購入・申込してもらいやすくなるのです。

もちろん、これだけではNGで、感の鋭い人なら気づいた人もいると思いますが、これまでのステップ(ルール)でも何回かお伝えしている通り必ず相手が納得の行く「理由」が必要です。

これの「有る or 無し」で販売数そのものと成約率が著しく違ってくるので忘れないように気をつけてくださいね。

さて、最後の『【ルール13】利益の出る高額商品を売ろう!』で実践して欲しいのは以下になります。

バックエンド商品に関連する、もしくは伏線となるような、値段の割にそこそこお得感のあるフロントエンド商品を考えよう!
本来売りたい利益の出るバックエンド商品(高額商品)を何にするか考えましょう!

 

さいごに

最後までお読みいただきありがとうございます。『ブログ・メルマガで120%活用できる普遍的なコピーライティング・書き方13のルール』を全6回に分けてここまで解説してきましたがいかがでしたでしょうか?

今回お伝えした内容は、“間違いなく”メルマガ(ステップメール)との相乗効果によりエンドレスにお金を生み続けることのできる超強力なスキルになります。

強力過ぎるだけに当然”悪用厳禁”ですが、あなたなりにこの「善の洗脳スキル」を上手く使いこなしてくださいね!
 

公式メルマガでは、
パソコン1台で完結する“地に足のついた””再現性の高い”ビジネスノウハウ
パソコン1台で“少ない労働時間““高い利益率“を両立させた最先端のビジネスノウハウ

ビジネス・起業・副業をする上で知っておかなければならない本質的な話
ビジネスに限らず他では聞けないような裏話
などといった個人でスモールビジネスを行う上で知っておかなければならない情報をメインに配信しています。
⇒ メルマガ登録と各種プレゼントを受け取る
無料プレゼントのお知らせ

 

The following two tabs change content below.
おおた まさき
起業ラボ執筆をはじめ、メルマガ、オウンドメディア運営における広告収入(アフィリエイト)で、毎日GWのような自由気ままなライフスタイルを満喫中。 いろんな副業ビジネスを経験した私だから言える体験談をもとに、起業独立を目指す人に向けて情報発信しています。 メルマガでは、客観的事実に基づき成果が出ているサイドビジネスなど随時紹介しています。 気になる人はこちらをクリック(公式メルマガ登録)

photo-1433162653888-a571db5ccccf忙しいからブログが書けないなんて言い訳に過ぎない

424be994dba5ea51df5fee36c299edfc_sIKEA・コスコのメガ戦略をうらやむ前にする事

関連記事

  1. cloud-marshmallow

    ビジネスや起業で成功するには、その他大勢99%が快楽に流れる中あ…

    こんにちは、まさきです。今日はですね、人間は感情で動く生き物だけども、その感情に逆らおう、本…

  2. ブログで稼ぐ方法を知っても今すぐやらない方がいい理由3つ 

    ブログで稼ぐ方法を知っても今すぐやらない方がいい理由3つ 

    ネットで「副業」と検索すると、ブログで稼ぐ方法というのに行き着いた方も多いかと思います。…

  3. メルマガテクニック

    あなたのメルマガが読まれて利益が出るメルマガに改善するための8つ…

    「メルマガ配信しているけど、反応がありません」「メルマガ配信しているけど、商品が売れません」…

  4. a-man-watching-pc-display

    【超 重 要】あなたのメルマガ開封率・反応率・成約率にダイレクト…

    こんにちは、まさきです。今回は、ステップメールのクオリティに直接的に影響してくる”最も大切な…

  5. kounyuushashinri

    楽天やアマゾンなどネットで購入する人の心理

    楽天やアマゾンに限らずネットショップまた個人発信のメルマガなどにおいても、生活必需品から…

  6. computer-1149148_1280

    ブログ記事も継続することで習慣化することが出来るって本当なのか?…

    ひさっちです。副業でネットビジネスをする人がとても増えたので、アフィリエイトを始めても簡単に…

  7. kasegu1

    ブログ記事を書くことが出来ないなら外注化すればいいじゃない

    ブログを始めたのは、プロになるために始めたのですか?私は、プロブロガーになるわけではなく、稼…

  8. 893749

    「労働の義務はおかしい」と感じる人のための労働の義務からの抜け出…

    ⇒とりあえずコチラをクリックorタップして登録しておく&nb…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP