menu

《永久保存版・第5回》ブログ・メルマガで120%活用できる普遍的なコピーライティング・書き方13のルール

The following two tabs change content below.
おおた まさき
起業ラボ執筆をはじめ、メルマガ、オウンドメディア運営における広告収入(アフィリエイト)で、毎日GWのような自由気ままなライフスタイルを満喫中。 いろんな副業ビジネスを経験した私だから言える体験談をもとに、起業独立を目指す人に向けて情報発信しています。 メルマガでは、客観的事実に基づき成果が出ているサイドビジネスなど随時紹介しています。 気になる人はこちらをクリック(公式メルマガ登録)

こんにちは、まさきです。

今回は、『ブログ・メルマガで120%活用できる普遍的なコピーライティング・書き方13のルール』の第1〜4回で述べた、

【ルール1】善の洗脳
【ルール2】相手の現実を理解して、あなたの価値観に共感してくれる人を集める
【ルール3】言葉(文章)は、あなたのシンボルそのもの
【ルール4】相手の不安を知る
【ルール5】相手が本来もつ悩み・不安を気づかせて「解決策」を提案
【ルール6】禁止ルールの提示
【ルール7】時間指定・期限を守ることの重要性を説く
【ルール8】指令
【ルール9】怒り

に引き続き、第5回ということで、

【ルール10】公開処刑(ペナルティ)
【ルール11】強制退会

について解説します。

第1〜4回の記事はこちら。

では早速説明に入ります!

 

【ルール10】公開処刑(ペナルティ)

《ルール10のポイント》
[ポイント1]あくまで最終的に成功して欲しいから罰を与える。
[ポイント2]改善が見られない場合は”対応コスト”削減のため強制退会へ

ルール10では「公開処刑」、言ってみれば処罰やペナルティを与えるフェーズになります。

【ルール9】の怒りでも述べましが、特にメルマガの場合、基本的に発行者(あなた)から一方的に話すという性質上、「あなたの善の洗脳や価値観、ノウハウに疑問を持ち始め、あなたの影響力が弱まっているメンバー」を見つけ出すのは困難です。

なので、時々メルマガなら読者とコミュニケーションを取る必要があります。

たとえば、「無料配布した情報コンテンツの実践結果を報告してもらう」など、あなたのメルマガジャンルやコンセプトに関連した内容なら何でもOKです。

そして、第3回目の『【ルール7】時間指定・期限を守ることの重要性を説く』で述べたように、アクションごとに期限を決めましょうとお伝えしましたが、もし期限を守らなかった読者にはペナルティを与えるといった具合です。

罰則を与える根底にはもちろん、第4回目の『【ルール9】怒り』と同じように、あくまで「あなたの現在の悩みや、将来の不安を払拭したい」という一種の”メンバー愛”というニュアンスであえて罰を与えているという考え方になります。

もちろん、罰則を与えるのはメンバー全員ではなく、先程の「無料配布した情報コンテンツの実践結果を報告してもらう」の例でいうなら、期限内に報告・提出しなかったメンバーにだけペナルティを与え、善の洗脳を深めるのが大きな目的です。

ただし、『【ルール9】怒り』より、この『【ルール10】ペナルティ』の方が、はっきり言うと、

あなたの善の洗脳や価値観、ノウハウに疑問を持ち始め、あなたの影響力が極めて弱くなっている

状態ということも忘れてはいけません。

なので、ペナルティを受け、落ち度を素直に認めて改善するか、無視して改善しようとしないかは、結局のところ、そのメンバー次第になります。

万一、後者に該当してしまった場合は次の【ルール11】でお伝えする「強制退会」という措置を取るしかありません。

たとえば、メルマガなら発行者(あなた)から該当メンバーを”ブラックリスト入り”するということ。

すなわち、この「ペナルティ」を与えるという目的は言うなれば、改善の余地があるので、まだまだメンバーとして認めるか、そうでないかの見極めステップということになります。

このペナルティを無視した時点で、改善はほぼ無理だと思っていいでしょう。

キツイ言い方になりますが、下手にメンバー内にとどまってもらうと”対応コスト”という名目で貴重な時間を奪われ、真面目なメンバーに対して有益なコンテンツの提供などエネルギーを最大限注げなくなり、結果として和を乱す存在となりうるので、その前にサヨナラしようということです。(スクリーニングなんて呼ばれ方もします。)

どんなペナルティを与えれるべきかは、ジャンル・コンセプト・あなたのキャラによって色々考えられますが、メルマガなら参考程度に「公開処刑」ということで、全メンバーに「期限を守らなかったヤツがいたよ」的な感じで一斉配信するのもいいでしょう。

あなたに、この『【ルール10】公開処刑(ペナルティ)』で実践して欲しいのは以下になります。

メンバーが、どんなことをしたときorしなかったときにペナルティを課すか。
どんあペナルティを与えるか考えましょう。

 

公式メルマガでは、
パソコン1台で完結する“地に足のついた””再現性の高い”ビジネスノウハウ
パソコン1台で“少ない労働時間““高い利益率“を両立させた最先端のビジネスノウハウ

ビジネス・起業・副業をする上で知っておかなければならない本質的な話
ビジネスに限らず他では聞けないような裏話
などといった個人でスモールビジネスを行う上で知っておかなければならない情報をメインに配信しています。
⇒ メルマガ登録と各種プレゼントを受け取る
無料プレゼントのお知らせ

 

【ルール11】強制退会

《ルール11のポイント》
[ポイント1]強制退会は、ペナルティで改善が見込めないメンバーをクビにすること。
[ポイント2]冷やかし客は一切不要。

『【ルール10】の公開処刑(ペナルティ)』でも述べていた通り、一向に改善が見られなかったメンバーについては”スクリーニング”という形で「強制退会」してもらうことになります。

ここでいう強制退会とは、オンラインサロンを運営しているなら「コミュニティ」からの追放、メルマガを配信しているなら該当メンバーをブラックリスト入りして、そのメンバーに一切メールが行かないようにするなどのことです。

こう書くと結構エグい印象を抱く人もいると思いますし^^;

はじめて、この「強制退会」という措置を取ろうと考えている人の中には、

「せっかく獲得した読者(リスト)だしな・・・」
「ここまでしたら、やっぱ可哀想かなぁ」

などという感情を抱くかもしれませんね。

ですが結論からいうと、可哀想でもなんでもなく、結局それが発行者(あなた)と相手(読者、メンバー、ユーザーなど)の双方にとってお互いのためなので、スパッと辞めてもらいましょう。

すなわち、「みんなに好かれようとするのはNG」ということ。

あなたは善の洗脳のもと全力でメンバーに対して、現在の悩みや、将来の不安を解消して明るい未来を実現してもらうべく日々情報発信やコンテンツを提供しているにもかかわらず「信用されていない」ということになるので、強制退会させるに足る理由はそれだけで十分ということを言いたいのです。

ここで便宜上お客さんの属性、もしくは階層分けの話をします。

[タイプ1]冷やかし客
・情報を見るだけ見て最終的に購入・申込しない人。
・一見関心を抱いている雰囲気はあるが内心は購入意志がない人。
・無料特典・プレゼントは受け取るが、有料商品は一切買わない人。
[タイプ2]見込客
・購入しようか検討している人。
[タイプ3]お客さん
・過去に一度でも商品・サービスを買ったり、申込んだ人。
[タイプ4]リピーター
・何度か商品・サービスを買ったり、申込んでくれた人。
[タイプ5]あなたのファン
・あなたの商品を買った人が、その商品を評価し、その人の友人、知人に勧めてくれたりする人。

[タイプ1]の冷やかし客は、すなわち「強制退会」するに足る理由のある層なので”クビ”にしましょう。

また、先程の『【ルール10】公開処刑(ペナルティ)』と組み合わせれば、「強制退会」の要素がより効果を発揮します。

そして、【ルール10】公開処刑(ペナルティ)については、

〜〜しなかったらorしたらペナルティ!

といったことを事前に”クビ宣告”などといったニュアンスを交えて告知しておくのもオススメです。

あとは、たとえば、

教えを一切聞かず行動しないのに、特典だけくれというような人は、今すぐメルマガを解除してください

と告知しておくのもいいでしょう。

この告知の結果、メルマガは解除しない読者メンバーなら、ひとまずは今後もあなたについていきたいと考えている層ですし、逆に、「上から何なの?偉そうに」と思うメンバーも、読者数が増えれば増えるほど出てくるものです。

が、それでOKなんです。

こうすることで、あなたに対する”支持派”と”不支持派”というように線引されます。

ここで重要なポイントとなるのが、いかにしてどちら派でもない「傍観者」を支持派にするかということ。この部分が、キャッシュポイント(収益発生地点)に強く影響するからです。

メルマガでは性質上、目で確かめにくいところですが、たとえばSNSやブログなどでは「炎上」というキーワードのもと、支持派(賛成派)VS不支持派(反対派)という構図で論争を繰り広げているのを見かけたりします。(まぁ一方的にその情報発信者が、ほぼ叩かれるケースも多いですが^^;)

上記ならイメージしやすいと思いますが、つまり、あなたはあくまで状況を作り出すという立ち位置のようなニュアンスで、あなたに味方する支持派が反対派に対して勝手に戦ってくれることになるのです。

そうすれば結果的に、あなたと支持派との関係性がより強固になるという理想的な状況になります。

そして、あなたがメルマガ読者やコミュニティのメンバーでより関係性を強固にしていくべきなのは『[タイプ2]見込客』以上の人達です。

なので[タイプ1]の冷やかし客はガンガン”クビ”にしましょう!

あなたに、この『【ルール11】強制退会』で実践して欲しいのは以下になります。

ペナルティで改善が見込めないメンバーと冷やかし客をクビにするシナリオやキッカケを考えよう。

 

第5回目の解説は冒頭で述べた通り、ここまでとさせてもらいます。
最終回である第6回目では以下の内容をお伝えします。

【ルール12】メンバーに幸福をもたらす免罪符を売る!?
【ルール13】より高額な商品を買ってもらおう!

 

公式メルマガでは、
パソコン1台で完結する“地に足のついた””再現性の高い”ビジネスノウハウ
パソコン1台で“少ない労働時間““高い利益率“を両立させた最先端のビジネスノウハウ

ビジネス・起業・副業をする上で知っておかなければならない本質的な話
ビジネスに限らず他では聞けないような裏話
などといった個人でスモールビジネスを行う上で知っておかなければならない情報をメインに配信しています。
⇒ メルマガ登録と各種プレゼントを受け取る
無料プレゼントのお知らせ

 

The following two tabs change content below.
おおた まさき
起業ラボ執筆をはじめ、メルマガ、オウンドメディア運営における広告収入(アフィリエイト)で、毎日GWのような自由気ままなライフスタイルを満喫中。 いろんな副業ビジネスを経験した私だから言える体験談をもとに、起業独立を目指す人に向けて情報発信しています。 メルマガでは、客観的事実に基づき成果が出ているサイドビジネスなど随時紹介しています。 気になる人はこちらをクリック(公式メルマガ登録)

ブログで稼ぐ方法を知っても今すぐやらない方がいい理由3つ ブログで稼ぐ方法を知っても今すぐやらない方がいい理由3つ 

devil-1562786_640使えない人を利用して、副業の体力を温存する悪魔の仕事術

関連記事

  1. concept-1868728_640

    ブログを毎日書くための3つのおすすめルーティン

    こんにちは、しょうりです。こちらでは、ブログを毎日書くための3つのおすすめルーティン…

  2. blindfolded-1732522_640

    ブログタイトルの付け方とは?魅力的なタイトルを作る4要素を公開

    こんばんは、渡辺修一です。あなたは良いブログタイトルの付け方をご存知ですか?実は、あ…

  3. d0749a71d946d1f81ff6b7f5367bf999_s

    ライバルを圧倒する「差別化オファー」を作る3つの秘訣

    こんにちは、深作 浩一郎です。小資本でも順調に、右肩上がりで売上(と粗利益額)を…

  4. writing-1209121_640

    文章が書けない人が文章を毎日書けるようになる7個の練習術

    こんにちは、しょうりです。こちらでは、文章が書けない人が文章を毎日書けるようになる7…

  5. 3845ca83bede79c6e657449cbfe7cb05_m

    ワードプレスを使って24時間集客し続ける独自メディアの運営方法

    こんにちは、webマーケティングライターの甲斐翔太です。ビジネスを展開していく場合、ボランテ…

  6. doors-1767562_640

    新時代の扉が開かれましたね!

    新時代の年号が発表され、5月1日から施行されます。これから新時代が始まろうとしていますが、あ…

  7. 自己投資

    自己投資をケチらないで?成功者は最初から自己投資額が半端ない!

    こんばんは、渡辺修一です。 無料で情報をもらい  「とりあえず稼いでからお金を投…

  8. メルマガは?

    起業 転職 いまから始めるメルマガは始めるべきか

    + メルマガで・・・メルマガってあなたはご存知でしょうか?メールマガジンの略ですがネ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP