menu

《永久保存版・第2回》ブログ・メルマガで120%活用できる普遍的なコピーライティング・書き方13のルール

こんにちは、まさきです。

今回は、『ブログ・メルマガで120%活用できる普遍的なコピーライティング・書き方13のルール』の第1回で述べた、

【ルール1】善の洗脳
【ルール2】相手の現実を理解して、あなたの価値観に共感してくれる人を集める
【ルール3】言葉(文章)は、あなたのシンボルそのもの

に引き続き、第2回ということで、

【ルール4】相手の不安を知る
【ルール5】相手が本来もつ悩み・不安を気づかせて「解決策」を提案

について解説します。

第1回の記事はこちら。

では早速説明に入ります!

 

【ルール4】相手の不安を知る

《ルール4のポイント》
[ポイント1]
まずはリサーチを行い「不安」を洗い出し、相手の現状を知る
[ポイント2]顕在的悩みだけでなく、より重要な潜在的悩みも徹底して理解する
[ポイント3]そして読者・ユーザー・顧客の心に響く洗脳セールスコピーを探し出す

「相手の不安を知る」ステップです。

ここでいう相手の不安とは、読者(ユーザー、顧客)の不安を知り尽くすということ。

第1回目の『【ルール2】相手の現実を理解して、あなたの価値観に共感してくれる人を集める

でもお伝えしたように、あなた(発行者・販売者)が読者の内側に入り込む感覚で、どんな悩みや課題があるかなどを徹底して知る必要があります。

その内の1つの方法として【ルール2】では「アンケートを取りましょう」ということをお伝えしていました。

そして、この【ルール4】の大きなポイントと言える、相手(読者ユーザー、顧客)の現状・現実を知る作業を「リサーチ」と呼びます。多くの人は、この「リサーチ」を軽視しがちですが、実際は最も重要な項目になります。

8割、9割はリサーチに力を注ぐべきといっても決して言い過ぎではありません。

たとえば、どんな人・属性に、どんな商品・サービスを紹介(アフィリエイト)、もしくは販売しようとしているのか?・・・

これがあなた自身、不理解だとまず良いコピーはまず書けません。だからこそ、【ルール1】でお伝えした「(善の)洗脳」をするためのコピーを書くならリサーチは欠かせないのです。

[1]あなた(発行者)が紹介・販売しようとしている相手(読者・ユーザー・顧客)は、どんな人・層ないのか?
[2]その相手はどんな不安や課題、悩みがあるか?

最低限上記2項目を徹底リサーチすることが、(善の)洗脳のコピーを書く上で超重要になります。

相手(読者・ユーザー・顧客)の深層心理では、結局のところ、「何かにすがりつきたい」という思いあるのです。どんなメンタルの強い人やデキる人にも1〜2つは悩みや課題があります。

言い換えれば、何らかの不安・悩み・課題がない相手を洗脳するのは、ほぼ無理です。

そして、人が抱える「不安・悩み・課題」には、

顕在的な悩み
潜在的な悩み

の2つ存在します。

実は、善の洗脳をする上では顕在的なものより、潜在的な悩みに働きかけるのが重要といえます。

つまり、普段、人が意識することのない悩みや課題、不安に気づいてもらうというのも洗脳コピーのカギになります。

自分の悩みを自覚している、していないというのを割合別にみると、

[5%の人]
自分の不安や課題、悩みをハッキリ理解していて、すでにネットなどで、具体的に商品名やサービス名を検索したり比較したりしている人。
[10%の人]
解決したい課題、悩み、不安で、ひとまずネットで検索し解決策を見出している人。
[60%の人]
本当は潜在的に解決したい課題、不安、悩みを持っているけれど、本人に自覚がない状態の人。
[25%の人]
あとの残りの層はまったく関心をもっていない人たちです。

これを見ての通り、潜在的な悩みを持つ人・層にいかに働きかけるかが重要なことだとおわかり頂けると思います。

ただ実際、多くの人がやってしまいがちなのは、すでに自分の悩みや課題をハッキリと気づいている15%の人達にだけ働きかけようとします。

これは言ってみると、たった15%という、それほど大きくもないマーケットの中で競合合戦を繰り広げているわけですね^^;

一方で、悩みや課題に無自覚な「潜在的意識者」に、「今すぐ解決すべき」ということに気づいてもらい、それを解決できるノウハウをあなたが提供できるとしたら・・・

60%という大多数の「潜在的意識者」が、またたく間に情報発信者、もしくは販売者であるあなたにすがってくれるのです。

ビジネス系ジャンルなら、おせっかいな感じになってしまいますが、本来もっと悩むべきことがあるのにそれに対して気づいていない人に、

今すぐにでも行動に移さないと将来困りますよ

と、気づいてもらえればいいということになります。

結論的にお伝えすると結局は、

自覚している”顕在的“な悩み・課題
無自覚な”潜在的“悩み・課題

とも要リサーチということです。

特にあなたのノウハウ、商品・サービスで潜在的な悩みを解消できた場合は、実績も伴いより(善の)洗脳が深まるわけ。

したがって洗脳コピーライティングを考える上で大切なのは、

相手(読者・ユーザー・顧客)から商品・サービスに対して興味を持ってもらうにはどんな言葉が響くのか?
相手(読者・ユーザー・顧客)から共感や信用されるにはどんな言葉が響くのか?

ということになります。

そして、結局どんな方法でリサーチすればいいのかと言うと、これについては色んな方法がありますが、誰でもすぐにできる簡単な方法なら、

Yahoo!知恵袋
教えてgoo!
2ch

などといった、深い悩みが多く参照できるサイトを活用することです。

仮にあなたがネットビジネスに関する悩みを知りたいのなら、以下のようなキーワードを検索すれば様々なQ&Aが出てくるはず。

「ネットビジネス」
「副業」
「起業」
「女子起業」
「独立」
「アフィリエイト ブログ」
「アフィリエイト メルマガ」
「コンテンツ ビジネス」

これらをいくつかチェックしつつ、あなたの見込客になり得る人が、

「どんなことで悩んでいるのか?」
「どんな問題を解決したいのか?」
「何が不満か?」
「何に対して不安や恐怖を感じているのか?」
「目的達成したいことは何なのか?」

をリサーチしてください。

万一、知りたい悩みがなかったら、あなたから直接質問してみましょう。

いずれにしても、その悩みを持つ人に向けて有益な情報を発信して、

「私はあなたの味方」
「あなたの悩みを解消できるのは私しかいない」
「あなたを成功に導けるのは私だけ」

というように、少しずつ(善の)洗脳をしていけばいいのです。

すなわち、あなたが販売・紹介する商品・サービスなら「現状の不満も、将来の不安も全部取り除けますよ」といった具合に伝えていくとOKです。
これを継続することで結果的に、ターゲット(ペルソナ)として設定している人に対して善の洗脳をするのはそう難しくはありません。

あなたに、この『【ルール4】相手の不安を知る』で実践して欲しいのは以下の2つになります。

これを考えてみることで、あなたが考えていることと、相手(読者・ユーザー・顧客)が考えていることがいかにズレているかがよく理解できるはずです。

あなたが今抱える悩みと将来の不安をいくつか紙に書き出しましょう。
あなたが読者・お客さんにしたい人の今の悩み、将来の不安をリサーチしましょう。

 

【ルール5】相手が本来もつ悩み・不安を気づかせて「解決策」を提案

《ルール5のポイント》
まずは相手(見込客)真の現在の悩み・将来の不安を解決できる無料の情報コンテンツを提供し信頼関係を深めていく

ルール4では、本当の相手の現状の悩みや、将来の不安に気づいてもらい、あなたがその解決手段を知っていることを伝えるのが、濃い読者(ユーザー・顧客)を増やす上で大切なことだと述べました。

(ある意味、相手に”本当”の不安や悩みを気づかせてしまったからには、「責任を持って相手の悩みや不安を解決させる」というマインドは大事です。)

リサーチした結果、相手の悩みや不安を理解したなら、ここで前回の記事の【ルール2】でもお伝えしていた「集客」をスタートします。

ビジネス、中でも特にネットビジネス系でよく実施されている施策は、キャッシュポイント(収益発生地点)となるところはもちろん「有料」なのですが、まず最初にあえて「無料」で”コンテンツ”や”ノウハウ”、”サンプル”を提供するといった手法があります。

もし、無料でターゲットとなっている相手の悩みや不安を解消できたのなら、あなたに対する好感度は急上昇することは言うまでもありません。

無料コンテンツの提供方法として、たとえば

ブログ
メルマガ
SNS(Facebook、Twitter、LINEなど)

といったオンラインの諸々の媒体に悩みや不安を自覚させる(顕在化させる)コピーとともに「無料コンテンツ紹介ページ(LP:ランディングページ)」のURLを掲載します。

もちろん、URLをクリック(タップ)した先には、「悩みや不安を解決できるノウハウ」があると思ってもらう必要があります。

そのためには、(善の洗脳を行うという前提で)不安を煽って関心を抱いてもらう必要があるのです。

【ルール4】で行ったリサーチ結果をここで120%活用し、(ここではあえてこういう言い方をしますが)相手の不安を煽ったり、つけ込んだりして関心を引くような言葉やコピーを活用します。

その結果、読者が「今すぐにでも解決したい」となると、URLをクリック(タップ)してもらえます。

ここがキモの部分ですが、

このLP(ランディングページ)などと言われる「無料コンテンツ紹介ページ」でターゲットとなる相手のメールアドレスを取得する代わりに「無料コンテンツ」を提供するのです。

リストという呼び方もされたりしますがメールアドレスを入手する」というのが、永続的に収益を発生させる仕組みを構築する上で非常に重要なポイントとなります。リストマーケティング

つまり、メールアドレスさえ入手できれば、あなた(情報発信者・販売者)から、いつでも能動的にメール(メルマガ)配信することが可能になります。

そうは言っても、もちろん、いきなり直球で有料商品やサービスを販売するのはNGです。より深い(善の)洗脳の段階に達していないと大きな成果は得られないと思ってください。

この段階では洗脳が不十分で、さらに洗脳コピーライティングにより相手に信用してもらう必要があると考えるのが妥当です。

人は信頼している人・会社・ショップの商品やサービスは、ほぼ抵抗することなく購入したり、申込んだりしてくれます。

たとえば、あなたの周りにマブダチのような親友がいたとしましょう。

その親友に・・・

「この商品すごく良かったよ」
「このサービス良かったよ」
「このノウハウ使えるよ」

などと勧められてとすると、かなり慎重派の人でも、それほど疑いもせず「自分も買ってみようかな」などと言った状況になりやすいのは想像に難しくないと思います。(万一、買わなくても悪い気はしない)

一方で、仮にそのサービス・ノウハウが本物だったり、商品が良かったとしても、初対面の人や関係性の浅い人にアレコレ勧められても、まぁいきなり「自分も買ってみよう」とはならないですよね^^;

(一つ例外をいえば、それなりの実績や経歴のある社会的証明や権威性の高い相手から紹介されたら話は少し違ってきますが・・・)

ビジネスで重要なのは、もちろん実績もあるに越したことはないですが、それ以前に「信頼・信用」という要素が非常に大事です。

「信頼・信用」を相手から得るために(善の)洗脳を行います。

そして、その洗脳をするのに最も合理的かつ効果的なのが、

この【ルール5】のタイトルでもある

相手が本来もつ悩み・不安を気づかせて「解決策」を提案

することなのです。

つまり、まずはあなたの無料コンテンツにより「相手に成功体験」をさせてあげる。

これを繰り返していくことで必然的に、

この人(あなた)についていけば、いずれ不安から解放され目的を達成できる

と思わせていくことが可能になり、さらに深く洗脳していけるのは言うまでもありません。

何度も良くしてもらって悪く思う人なんているわけないですからね(^^)

そして肝心の無料の”コンテンツ”、もしくは”モノそのもの”をどう用意すれば良いかですが、もしあなたがちゃんと相手の悩みを理解できていたとしたらそう難しくないはずです。

今回は、モノではなく「情報コンテンツ」と言った無形のものを無料コンテンツとして提供する前提で話を進めていきます。

ただ万一、ここで思いつかない場合は、相手のことを理解できていないとも言えます。

相手の悩みや不安の理解度が深まるほど、必然的に何を与えるべきかわかってくるはず。

もし相手の悩みや不安を消せる情報が無いのなら、解決策となるノウハウなどの情報を仕入れにいきましょう。

先程の「Yahoo!知恵袋」や「教えて!goo」、もしくはそのジャンルの各種サイトで質問したりアドバイスを受けれるのなら、それを活用するのもいいでしょう。

ただ、私がオススメするのは書店や図書館に行くことです。

「ネットで検索すれば十分」と思う人も多いと思いますのが、書店や図書館には、やはりネットにはないような情報も得れますし「情報の宝庫」です。

その情報の宝庫から、見込客、もしくは読者、ユーザー、顧客の悩みを解決できそうな情報を抜き出し、あなたなりに分かりやすくまとめれば、まっとうな「情報コンテンツ」の完成です。

あとは、あなた自身の体験・経験をもとにして、それをまとめるのも説得力の高い情報コンテンツに仕上がるのでオススメです。

あなたがまとめた情報コンテンツは、手にとれる紙ではなく、Microsoftの「Word」やGoogleが提供する「Googleドキュメント」をはじめ、最終的に”PDFファイル形式“にできれば、どのソフトでもOKです。

ただ、汎用性や互換性のある上記2ソフトが基本オススメ。特に後者はGoogleアカウントがありネット環境があればどこでも操作できるのでイチオシ。

PDF形式にする方法はネットで検索すればすぐ出てきます。(PDF以外にも”動画“や”音声“でプレゼントするのもありです。)

あなたに、この『【ルール5】相手が本来もつ悩み・不安を気づかせて「解決策」を提案』で実践して欲しいのは以下の2つになります。

相手(見込客)の真の悩み・将来の不安を解消するために提供するべき情報を考える。
まずは手始めに上記で考えた情報コンテンツの目次・構成を書き出すと、スラスラとコンテンツが作成できるのでオススメ。

 

第2回目の解説は冒頭で述べた通り、ここまでとさせてもらいます。
次回、第3回目では以下の内容をお伝えします。

【ルール6】禁止ルールの提示
【ルール7】時間指定・期限を守ることの重要性を説く

 

メルマガでは、
パソコン1台で、“少ない”労働時間“高い”利益率を両立させた最先端のビジネスノウハウの数々を無料プレゼント中
《無料プレゼントの一例》
日本一のメルマガマーケッターによる「無料WEBセミナー
統計上わずか7人に読ませれば利益が出る「私が自分で使ってる」メルマガ原稿15日分、計19通(件名付き。名義差し替え可能ver)
復習用解説スライドPDF
私仕様の売れるメルマガ原稿の正しい差し替え方法と継続的利益を生み出す解説実演動画
など、他にも随時、有料級の特典をプレゼントします!
また、そもそもの
このメルマガ自体のテーマ】として・・・
パソコン1台で完結する、地に足のついた“再現性の高い”のビジネスノウハウ
日本でビジネスをする上で知っておかなければならない本質的な話
ビジネスに限らず他では聞けないような裏話
などといった個人でスモールビジネスを行う上で知っておかなければならない情報をメインに配信しています。
あ!でも「ワンクリックで◯◯万円稼げる」とかその類のノウハウや情報を期待されている方は登録をお控えくださいね。
▼メルマガ登録と各種プレゼントを受け取る▼
無料プレゼントのお知らせ

 

The following two tabs change content below.
おおた まさき
起業ラボ執筆をはじめ、メルマガ、オウンドメディア運営における広告収入(アフィリエイト)で、毎日GWのような自由気ままなライフスタイルを満喫中。 いろんな副業ビジネスを経験した私だから言える体験談をもとに、起業独立を目指す人に向けて情報発信しています。 メルマガでは、客観的事実に基づき成果が出ているサイドビジネスなど随時紹介しています。 気になる人はこちらをクリック(公式メルマガ登録)

photo-1434871619871-1f315a50efbaブログ アクセスが集まらない理由はこれか?

a-reviewing-boy-who-finds-typo-and-is-excited《永久保存版・第3回》ブログ・メルマガで120%活用できる普遍的なコピーライティング・書き方13のルール

関連記事

  1. a-blogger-gets-angry-at-a-slander-comment

    ブログアフィリエイトはオワコン?稼げない?2019年最新の稼ぐブ…

    こんにちは、まさきです。これからブログアフィリエイトをスタートしようとしている方に、いきなり…

  2. 8e0db9690b4151a5dfbe4658f929cdba_s

    セールスレターを早く書き上げるコピーライティングのコツ

    こんにちは、町田一平です。コピーライティングの仕事で時間のかかることと言えば、当たり前ですが…

  3. 9cb100eb61794b00a5ad0f504815658d_s

    セールスレターの成約率を上げるための書き方と方法

    こんにちは、町田一平です。セールスレターやランディングページにおいて、最も大切な数字といえば…

  4. food-2203732_960_720

    ブログアフィリエイト初心者にオススメのテーマとは

    ブログアフィリエイトを始めよう!と、、、意気揚々初めたのは良いがいろいろとあって何のテー…

  5. 508cce8e2dafa98d9f074a1ddf0ed050_s

    アリストテレス説得の3要素「エトス・パトス・ロゴス」の意味を解説…

    こんにちは、町田一平です。あなたはコピーライティングで説得力のある文章を書くことができていま…

  6. clock-1274699_640

    人間のメリットとコピーライティングの真の要素

    要約:「コピーライティングの真の要素」を理解せよ!人間のメリットはたった9個しかない。顧客の欲求を適…

  7. ブログ集客

    ブログ集客を成功させたいなら知っておきたい3つのコツ

    こんにちは、甲斐翔太です。僕は自分自身で運営しているブログが複数あるんですが、その中で集客ブ…

  8. merumaga

    初心者こそメルマガを今すぐ始めるべき理由を徹底解説

    あなたが「お金があれば今の仕事でなくてもいい」という立場でしたら、お金の稼ぎ方について、一度立ち止ま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP