menu

《2019年最新》ブログアフィリエイトで稼ぐにはGoogle準拠のSEO対策が必須!【初心者絶対チェック!】

こんにちは。まさきです。

今回は、ブログアフィリエイトで稼ぐ上で、ぜっったい!に押さえておかないといけない、Google準拠のSEO対策について真面目に解説していきたいと思います。

サイト(ブログ)運営により、アフィリエイトで稼ぐ、もしくは、あなた(自社)の商品・サービスを安定的に販売するには、Googleに評価されるサイト(ブログ)が求められます。

もっと言うとGoogleで上位表示されるためには、結論、大きく以下の2つの考え方を取り入れる必要があります。

(Googleに評価されるような)ユーザーが求めるページ構成・内容にする
ユーザーの検索キーワードに沿って最適な答えを提供できる記事コンテンツを意識する

こう言うと、恐らくこんな回答が返ってくることもあります。

そんなこともう、知ってるよ
聞いたことあるよ
今更かよ。笑

ただ、「知っている・聞いたことがある・わかっている」のと、『理解している』のとでは、ベタな言い方になりますが”雲泥の差”です。(ちなみに私が考える「理解した」という本当のレベルは、ちゃんと自分のビジネスで実践して結果を出したという状況です。)

なので、初心者の方はもちろん、中級レベル以上の人も本当に”理解”できているか、もしくは”抜け”がないか、今一度、この機会にチェックして頂ければと思います。

 

《ポイント1》SEOを本当にちゃんと理解していますか?

検索エンジンの役割って?

[1]ネット上にあるサイトの情報収集を行いクローラー&インデックス(データベース化)
[2]なぜ、検索ユーザーがこの検索キーワードで調べたのかを理解
[3]検索ユーザーが欲しているであろう情報をデータベースにより答える

検索エンジンは、膨大な数のサイト・ブログのページ情報を集めるロボットである「クローラー」をネット上で巡回させ、ページ内容をチェックさせている。
これを元に情報収集 → 分類 → 整理をし、データベースとして蓄積されます。(これをインデックスと言います)

なお、このページで言う「検索エンジン」は、基本的に「Googleの検索エンジン」を指すものとします。

その理由は、知っている人も多いと思いますが、全世界レベルでみてGoogleを検索エンジンとして使うユーザーが圧倒的多数(首位)だからです。

Yahoo!でさえも、今ではGoogleの検索エンジンアルゴリズムを採用しているので、Googleの影響力は、今や計り知れないものとなっています。

 

SEOって?

SEOは、一言でいうと「検索エンジン最適化」のことでSearch Engine Optimizationと呼ばれるもの。

検索結果でより多くのブログ・サイトを、あらかじめ狙った検索キーワードで上位表示させ、見込客を集めるためにする取り組み自体を意味することもあります。

なお、ちょっと前なら検索エンジン・アルゴリズムの弱点を突く方法で、上位表示させれたりしてましたが、今では”Google”の検索エンジンの度重なるアップデートにより、結局はセオリー通り、検索ユーザー(読者)が知りたい・欲している、もっと言えば「解決できる」情報を提供しているブログ(サイト)・ページでないと成果はおろか上位表示が厳しくなっています。

サイト運営者目線からみた目的は、検索エンジンから見込客を集め、検索結果で上位表示させることにより、検索ユーザーをあなたのブログ・ページに誘導することです。

関連性のないキーワードで上位表示できたとしても成果には繋がりませんので、検索エンジンから正攻法によりちゃんと検索ユーザー(見込客)を集めることが大切になっていきます。

 

《ポイント2》SEOの現況について

SEOの手法として、今現在大きく分けて2つがあります。(ある意味1つと言っていいですが)

[手法1]ブラックハットSEO

Googleの上位表示、もしくは順位決めのアルゴリズム(ルール)のシステム上の弱点をついて、不当に上位表示を狙おうとする手法。

この手法だと、検索者に役立つ利益となるような情報を提供するという視点を軽視していることになり、Googleペナルティを献上されたり、インデックス自体を丸ごと削除されることもあります。

[手法2]ホワイトハットSEO

Googleガイドラインを遵守した「SEO(検索エンジン最適化)」手法。

結論、これからブログやサイトを運営して安定的、かつ継続的に収益を生む仕組みを構築したいなら、絶対にホワイトハットSEOの手法を選びましょう!

また「Google ≒ AI(人工知能)」なので、このシステムが現在進行系で日々進化しており、人以上に頭が良くなり、ヘタな手法ではGoogleに勝てなくなっていくのは想像に難しくありません。(というか、もうすでに人の頭脳を超越したAIは実在してますよね)

 

パンダとペンギン?2大アップデートは要理解!

Googleには、2012年から過去数回に渡って繰り返し行われた2大アップデートがあります。

パンダアップデート

1つ目が、「パンダアップデート」と呼ばれるもので、内容が薄すぎるなど、とても検索ユーザーがこれを見て悩みや問題を解決し得ないページや、ページ重複など低品質なページの評価を下げるアルゴリズムを指します。

それなら逆に何を意識して記事を執筆すれば良いのか?というとGoogleガイドラインを参考に代表的なものを挙げると以下のような項目があります。

[1]記事の品質
検索ユーザーが訪問して解決し得るような濃い内容
[2]専門性
お金、法律、医療、薬剤、美容などの専門性が求められる分野は、著者や運営者が専門家であることが理想
[3]重複(著作権違反の有無)
重複とは、つまり他のブログ・サイトの記事・コンテンツの無断利用することです。いずれにしてもこれは普通に著作権違反なのでNGです。
[4]不適切な広告の掲載
内容自体が不適切な広告はもちろん、読者(検索ユーザー)が記事を読むにあたり支障が出る頻度の広告数の掲載はNG。
また、近年ではスマホ検索ユーザーが8割以上など爆発的に増えていますので、スマホで見たときの広告表示のされかたにも注意を払う必要があります。
[5]SNSなどの共有・拡散性
Facebook、Twitter、LINE、Instagram、はてなブックマークなど、共有アクションを起こせる仕組みを目指す必要がある。

ペンギンアップデート

もう1つの「ペンギンアップデート」は、先程「ブラックハットSEO」について述べましたが、ざっくり言えば不当に上位表示を狙おうとするブログ・サイトの順位を下げるアルゴリズムを指します。

代表的な実例をいえば、不自然なリンクにより上位表示を狙おうとするブログ・サイトの評価を下げるというものです。

また、かつては無料ブログサービスに片っ端からアカウント登録し、たとえそれが検索ユーザー視点でみて内容の濃いページでなくても、サクラ的な方法としてリンク本数重視で、そのブログ・サイトにリンクを設置していけば上位表示することができていました。

でも今は、ペンギンアップデートにより、この方法は完全NGということですね。

 

いつの時代でもSEOについて変化する or しないことって何?

ここ数年でGoogleのアップデートが複数回実施されていることも合わせ、ブログ・サイトを運営する上では、SEOについて考えるなら今後を見据えて長期的な視野で見るのが何より大切です。

Googleの影響力が圧倒的であることを考えるなら、Googleの方向性を理解してSEO対策を行うのが王道ということになります。

《いつの時代でも変わらないこととは?》
以下のようにGoogleが検索ユーザーにとって価値ある情報・利益・ベネフィットを優先事項として考えるのは変わりません。
検索ユーザーが検索して悩みや問題を解決したい
Googleは、さらにユーザーを増やし広告収入を得たい
《いつの時代でも変化すること》
[1]
ユーザーの検索方法
PCからスマホ検索へ。(記事コンテンツを公開したり更新したら、違和感がないか必ずスマホでも確認しましょう!)
単語検索から複合語による検索に。
検索方法が従来の文字入力に加え、音声検索も。
[2]検索キーワード
時期、時代に伴い常に変化
[3]SEOの順位付けルール
アルゴリズムは現在進行系で進化する

 

《ポイント3》肝心なGoogleに上位表示させてもらうための基準って何?

これまで一貫してGoogleに好かれるようなブログ・サイト運営を意識しようといったことを述べてきましたが、ではGoogleは一体どんな基準によりブログ・サイトの良し悪しを判断して上位表示するorしないを決めているのかをお伝えしたいと思います。

以前から良いブログ・サイトとして判断される特徴・基準とは?

ユーザーが検索した通りのキーワードに関連した情報が書かれていることです。それは例えば「内的SEO」と言われたりもしますが以下のようなことを指します

一番最初の「タイトル」では、なるべく前方に狙いたいキーワードを入れる
各章・項目などで使うh1、h2、h3、h4タグ、つまり「見出しタイトル」でも出来るだけ前に狙いたいキーワードを入れる
記事に必要なキーワードがちゃんと含まれて要るか?そして何%含んでいる?

あと、他のたくさんのブログ・サイトからリンクされている(参考にされている)ことも評価される基準となっています。つまり、先程の内的SEOに対して「外的SEO」と呼ばれるもので、大きく以下の2ケースが該当します。

[1]リンクの数が多い → 多くのブログ・サイト(人)から評価されている
[2]質の良いリンク → 権威性の高いブログ・サイトからリンクされている

この[2]と逆のNGなパターンが、先程の「ペンギンアップデート」でお伝えしたように、不自然かつ、低品質なリンクを多数設置するということです。

この「以前から良いブログ・サイトとして判断される特徴・基準」にある内容は、今でも大事なことですが、さらに今では次にお伝えする内容も重要視されるようになっています。

近年、良いブログ・サイトとして判断される特徴・基準

あなたのブログ・サイトにおいて、以下の3つのユーザーの動きが、SEOにおいて大切な要素となっています。

[滞在時間]
あなたのブログ・サイトをどれくらいの時間閲覧したか?
→ なるべく長時間ユーザーに滞在してもらうのが理想。
[回遊率]
ユーザーがブログ・サイト内のページに、どれだけアクセスして、閲覧したかを示すものです。1訪問あたりのページビュー数(PV数/1訪問)で計算します。
→ なるべくユーザーに色んなページを閲覧してもらうことが理想。
[直帰率]
例えば、ユーザーがブログ・サイトにはアクセスしたもののすぐに別のページに移動したとすれば、ユーザーの問題解決には至らなかったとGoogleが判断し評価DOWN。
→ だからこそ、ユーザーがページの下まで読んで最終的に問題解決できるような内容の記事コンテンツが理想。
[検索ユーザーの動向]
最終的にどのページを見て検索・閲覧し終えたか?
→ あなたのページなら評価UP、他サイトのページなら評価DOWN

 

押さえておきたいGoogleの2大ガイドライン

Googleのガイドラインを遵守した方が、結果的に上位表示されやすく、継続的に収益を発生させる仕組みを構築できることに繋がっていきます。その2大要素とは以下のようなものになります。

《ページ品質(PAGE QUALITY)》
ブログ・サイトのE-A-T(専門性・権威性・信頼性)
ユーザー視点に立った質と量
ブログ・サイトの評判(著者は誰なのかが重要視される傾向に。また、なるべく著者の写真を載せたり、プロフィールを記載したほうがGoogleからの評価が上がりやすいと言われています)
《ニーズとの関連性は?(NEEDS MET)》
検索ユーザーが解決したいであろう悩み・課題に合致しているか?
Google自体が公言しているように、見やすさなどスマホ閲覧にも最適化されているか?

 

Google社員による上位表示のためのSEO対策9つのヒント

以下の内容は、Googleの社員さんが壇上した某セミナーで実際に言っていた「上位表示させるためのSEO対策」になり得るヒントになります。上述通りGoogle社員さん”いわく”なので信憑性は高いと思います。

これまでお伝えしたことと被る内容もありますが、ぜひアクセスアップや上位表示のヒントにしてください。

[ヒント1]まずはGoogleガイドライン「検索エンジン最適化スターターガイド」を読んで、その通りに従って欲しい。
[ヒント2]Googleの目的は、あくまでユーザーの検索意図に従い関連性の高いコンテンツを優先的に提供すること。
[ヒント3]ユーザーにとって有益な情報を提供するサイトなら、自然に上位表示される
[ヒント4]検索キーワードに沿って解決し得るサイト・記事内容を心がける
[ヒント5]ユーザーの考え・行動の変化をヒントに新しい記事・コンテンツを作成する
[ヒント6]上位表示されるかの明暗は、スマホ対応、サイト&ページ構成、コンテンツの質、情報鮮度、良質なリンクなどの200以上にもおよぶアルゴリズムによって決まる
[ヒント7]スマホに対応したサイト・ページ構成か?
[ヒント8]クローラーとインデックスの仕組みを理解しているか?
[ヒント9]Google Search Console(グーグルサーチコンソール※)に登録。(改善点があればGoogleからアドバイスを受けることができるので、その通りに改善する)※旧ウェブマスターツール

 

Google(=SEO)で評価されるために取り入れたい5つのルール

では、「Googleに評価されて上位表示されるためには具体的にどんな対策を打つべきなのか?」ということをお伝えします。

《ルール1》Googleに評価されるHTML構成のサイトかどうか?

特にHTMLに詳しくない初心者の人なら、結論、Googleに準拠したSEOに精通した人が作成したテンプレートを入手した方が早いです。

と言いますか、あなたが余程SEOやHTMLに詳しくない限りは、一から作ろうとしたらダメです。

なので、検索窓で、
ワードプレス テンプレート seo
ワードプレス テンプレート スマホ
などと検索してみてください。

そうすれば、上述したGoogleに準拠したSEOに詳しい人が作ったテンプレートや、スマホレスポンシブ対応のテンプレートが入手できます。

無料・有料のものがありどちらでもOKですが、場合によっては長い目でみて有料テンプレートを選んでもOKだと思います。

では、話が少し逸れましたが本題に戻りますと、どんなHTML構成が望ましいのかというと、正しいHTML構文であるブログ・サイトであるのは、もちろん、

表示速度ができるだけ早いかどうか?(ちなみにユーザーの満足度を計測する指標としてGoogleも重視しています)
パンくずリストや内部リンクによりユーザーがサイト内を回遊しやすい構造が望ましい。
(「人気記事」・「関連記事」といった自動で内部リンクが増える構造はオススメ)
httpsを採用し暗号化済みのブログ・サイトかどうか?
スマホユーザーにとって最適化されているかどうか?
ユーザーが各種SNSにより共有・拡散性のある構造かどうか?

 

《ルール2》良い記事コンテンツとは、どんなものかしっかり理解する

《そもそも良い記事・コンテンツの定義は?》
ユーザーの検索キーワードをもとに、しっかり答えられている。
わかりやすい、面白い、読みやすい。
→ ページ最後まで見てもらえ、結果的に滞在時間が長くなる。
E-A-Tと呼ばれる専門性・権威性・信頼性の3要素が高い。
新鮮な情報であるか?(必要に応じて更新しているか?)
情報量が少なすぎないか?理想目安は4,000字以上。
他サイトによる外部リンクにより、紹介・参考されているか?

あと、Googleとは直接的に関係はないとされていますが、SNSで共有・拡散されている方が上位表示されているという事実があります。

そして先にお伝えすると、あくまで一番の評価軸はドメインそのものなので、内容が薄かったり、悪い内容の記事を追加してしまうと、上位表示されないのはもちろん「ドメインの評価」を下げてしまいかねないので気をつけてください。

では、内容の良い、もしくは上位表示されるためにSEO的に見て評価されるコンテンツとは、どんなものなのかというと・・・

[1]タイトル(titleタグ)に適切なキーワードを入れる
ユーザーにクリックされるようなタイトルにするのが、Googleに評価される為に超重要!
[2]メタディスクリプションに適切なキーワードを入れてクリックしてもらう
SEOに関係ないとされているが、結果的にここをしっかりわかりやすく書いておく方がユーザーにクリックされやすくなる。
[3]見出し(h1)にも最適なキーワードを入れる
上位表示されているサイトはh1タグにしっかり最適なキーワードが入っている傾向あり。
[4]ページ内のなるべく上の方に、キーワードを含めた方がユーザーも、しっくりしやすく結果読んでもらえる。
[5]文字数ボリュームは、なるべく4,000文字以上は目指したい。
[6]共起語と言われる検索キーワードを入力する際に表示される(Googleサジェスト)キーワードを記事コンテンツ内に含める
[7]関連する検索キーワードなら多く入れるに越したことはないが、不自然にならない程度に。
[8]関連記事などの内部リンクも重要。回遊率アップも狙える。
[9]PC、スマホでも見やすいように改行や装飾をする
[10]画像とaltタグもSEOで上位表示させる上で意識
→ Googleはaltタグもチェックしているから。

 

《ルール3》記事数(ページ数)を増やし内部リンク、ドメインの評価をアップさせる

記事の情報の質も大切ですが記事数(ページ数)も当然、重要な要素です。

私の知人では、何千という記事数で(しかも内容もほとんどが濃いものばかり)、アフィリエイトなどによりウン百万余裕で稼いでいる人がいます。

まぁこれはちょっと極端ですが^^;

記事数の多さにもこだわってもらえればと思います。その理由として以下のようなものがあります。

ページ数が増えれば必然的に内部リンクが増え、しかもドメインの評価アップに繋がる。(もちろん内容のない、よろしくない記事は逆にドメインの評価を下げてしまうのでご注意を。)
適切な内部リンクの配置によりユーザーがサイト内を回遊しやくなり、結果、滞在時間が長くなり、Googleに評価される。
記事の質がよければ外部リンクも自然に増える
順位をあげたいキーワードがあれば関連キーワードのページを増やす

 

《ルール4》質の良いサイト・記事なら自然に外部リンクが増えるもの

これも先程お伝えしていますが、質の良いサイトであることを前提条件として、内容のいい記事を継続的にアップし続ければ自ずと勝手に以下のようなケースで外部リンクが増えて行きます。

そうなるとGoogleによる評価もアップするのは言うまでもありません。

他サイト(ドメイン・IP)による自然リンク(関連性・評価・権威性が高いサイトならなお良し)
(もちろんアンカーテキストによりリンクされることも含む)
Facebook、Twitter、LINE、はてなブックマークなどの各種SNSによる共有・拡散

 

《ルール5》記事数を増やし、継続的に更新・追記を

もちろん、一度公開した記事は、それっきりではなく必要に応じて追記や更新を行いましょう!その理由は以下の通りで、いずれもGoogleによる評価アップが期待できるものです。

もちろん、記事内容が良質なのを前提として・・・

記事数が増えるごとにドメイン評価がアップ
記事更新により更新日が新しくなるのはもちろん情報鮮度もアップ
追記するごとに情報量が増え、質が良くなる。
順位アップを狙いたいページがあるなら内部リンクをそのページに集中させる
時折Googleサーチコンソールを参照しつつ、とにかく継続が重要

あと、上記でGoogleサーチコンソールという言葉が出てきたことに関連して、ブログ・サイトを運営するなら、必ず以下の2つのツールは最低限導入してください。

もちろん、いずれも無料で使えます。

[ツール1]Googleサーチコンソール
サーチコンソールでは、登録したサイトのインデックス情報をはじめ、外部リンク情報、キーワードなど、サイト管理者が良好な運営を維持するために必要な情報を知ることが可能です。なお、Googleからのアドバイスなどのメッセージもサーチコンソールでチェックできます。
[ツール2]Googleアナリティクス
アナリティクスでは、ページビュー(PV)をはじめ、平均滞在時間、直帰率、離脱率など、アナリティクスに登録したサイトのアクセス解析が可能になります。

 

さいごに

今後のGoogleの動きとしては、これまでの記事でもお伝えしていますが、やはりまず言えるのは、

Google(=AI)のさらなる進化
→ 今よりもさらに必然的にGoogleのルールに従わざるを得なくなる
モバイルファーストインデックス
と呼ばれるように、ユーザーがスマホで見たときも使い勝手の良い構成となっていて、なおかつホワイトハットSEOを意識したサイト・記事内容でなければならない。

といった大きなポイントがあります。

その上で、SEOで上位表示される為にやることとすれば、

《ポイント1》Googleに評価されるHTML構造・構文でブログ・サイトを運営
→ SEOに精通した人が提供するテンプレート利用がオススメ。
《ポイント2》ユーザーが欲している最良の記事コンテンツ作成を心がける
《ポイント3》上記を前提に記事数を増やして内部リンク増&ドメイン評価アップを図る
《ポイント4》記事数を増やしつつも過去記事の更新、追記も随時行う
《ポイント5》外部リンクを関連サイトやSNSなどから自然に増やす

ブラックハットSEOのような一種のテクニック的な手法はNGですが、上記にある通り、やるべきことは、かなりシンプルなので、そういう意味ではムダに色々考えずに済むので簡単とも言えますね(^^)

すなわち、結局のところ正攻法でいかに淡々と優良な記事を継続的にアップし続けることができるかがカギになるということになります。

 

メルマガでは、
パソコン1台で、“少ない”労働時間“高い”利益率を両立させた最先端のビジネスノウハウの数々を無料プレゼント中
《無料プレゼントの一例》
日本一のメルマガマーケッターによる「無料WEBセミナー
統計上わずか7人に読ませれば利益が出る「私が自分で使ってる」メルマガ原稿15日分、計19通(件名付き。名義差し替え可能ver)
復習用解説スライドPDF
私仕様の売れるメルマガ原稿の正しい差し替え方法と継続的利益を生み出す解説実演動画
など、他にも随時、有料級の特典をプレゼントします!
また、そもそもの
このメルマガ自体のテーマ】として・・・
パソコン1台で完結する、地に足のついた“再現性の高い”のビジネスノウハウ
日本でビジネスをする上で知っておかなければならない本質的な話
ビジネスに限らず他では聞けないような裏話
などといった個人でスモールビジネスを行う上で知っておかなければならない情報をメインに配信しています。
あ!でも「ワンクリックで◯◯万円稼げる」とかその類のノウハウや情報を期待されている方は登録をお控えくださいね。
▼メルマガ登録と各種プレゼントを受け取る▼
無料プレゼントのお知らせ

 

The following two tabs change content below.
おおた まさき
起業ラボ執筆をはじめ、メルマガ、オウンドメディア運営における広告収入(アフィリエイト)で、毎日GWのような自由気ままなライフスタイルを満喫中。 いろんな副業ビジネスを経験した私だから言える体験談をもとに、起業独立を目指す人に向けて情報発信しています。 メルマガでは、客観的事実に基づき成果が出ているサイドビジネスなど随時紹介しています。 気になる人はこちらをクリック(公式メルマガ登録)

money-1428594_640お金ない人が副業のためのお金を生み出す12個の方法

424be994dba5ea51df5fee36c299edfc_s圧倒的な成果を出すお年寄りと奴隷になる若者

関連記事

  1. 5815653652592d653ae03be521ad2b88_s

    ブログの作り方!初心者はアメブロがおすすめ

    たくさんの方が日記感覚でブログをしています。無料で始めることができるものから上級者向けのワードプ…

  2. 5815653652592d653ae03be521ad2b88_s

    ブログアフィリは稼げない!?2019年最新のブログで稼ぐ仕組みを…

    要約:ブログのマネタイズ(収益化)はメルマガとセットで考えるべきである。すなわち集めたアクセスに自身…

  3. reading-girls-enjoying-new-books

    《永久保存版・第2回》ブログ・メルマガで120%活用できる普遍的…

    こんにちは、まさきです。今回は、『ブログ・メルマガで120%活用できる普遍的なコピーライティ…

  4. arrows-399970_1280

    ブログ アクセス 検索トップ表示されないと

    ひさっちです。あなたがブログをしていて、あなたのブログを検索したときに結果でトップに表示され…

  5. office-620822_640

    ブログアフィリエイトで稼げない人が今すぐ確認すべき8個のこと

    こんにちは、しょうりです。こちらでは、ブログアフィリエイトで稼げない人が今すぐ確…

  6. ブログ集客のコツ

    ブログ集客のコツ!見込み客が集まるブログにするために意識すべき3…

    こんにちは、甲斐翔太です。今回はブログ集客のコツを紹介していきます。私自身個人ブログを使って…

  7. 11b3b01235a785134f46172f0e5ad21a_s

    お悩みキーワードでブログをアクセスアップできるの?

    ひさっちですブログを更新しているけどアクセスが伸び悩んでいる人も少なくないでしょう。…

  8. mistake-3019036_640

    ブログ書けない初心者のためのブログ書けない時の対処法4選

    こんにちは、しょうりです。こちらでは、ブログ書けない初心者のためのブログ書けない時の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP