menu

【超 重 要】あなたのメルマガ開封率・反応率・成約率にダイレクトに影響するステップメールの設計法と書き方!

こんにちは、まさきです。

今回は、ステップメールのクオリティに直接的に影響してくる”最も大切な”設計や構成についてお伝えします。

その分、手間と時間のかかる部分ですが、ここさえ終えれば5割以上は完成したといっても決して言い過ぎではありません。

これをやらないでテキトーに、

さて、1通目何書くかな?
何通目でオファー・アフィリしようかな?

と、やっても反応率や成約率もそれなりで、上手く可能性は低いです。(断言)

逆にこれをすることで、スラスラメールを書けるようになりますし、結果、反応率&成約率もアップし、ステップメールとの相乗効果で利益をもっともっと最大化していけるので、ぜひあなたのステップメールに落とし込んでもらえればと思います!

あと、単純に自信もつくし、成果も出るのでビジネスも楽しくなりますよ(^^)

正直、手間はかかりますが、そのかかった手間の分、後から成果として回収できるので、数日かけてでも、ぜひ取り組んでもらえればと思います。

あなたがステップメールを執筆する以前に行う作業は以下の2つになります。

《ステップ1》コンセプト・テーマを決める
《ステップ2》成約率アップのための商品・サービス理解

では早速、見ていきましょう!

 

《ステップ1》コンセプト・テーマを決める

コンセプト・テーマというのは主に、

ジャンル・発信内容
収益の発生地点(キャッシュポイント)
読者層・ターゲット(ペルソナ)の決定
発行者(あなた)のポジション・キャラを設定する

の4要素を研ぎ澄ませて、ステップメールの方向性を決めることです。

すなわち、

どんなキャラ設定(あなた)で、どんな人・誰(読者)に、どんな情報発信をして、結果的にどうなってもらいたいかということです。

ん〜、こう書くと「なんだ、別にたいしたことないじゃん」

という言葉も飛んできそうな気もしますが、実際はめちゃくちゃ奥が深いです。

本気で今回お伝えすることを丁寧に設計をし、その上でステップメールを配信して結果を出してもらった時は、これからお伝えすることをマジメに取り組んで良かったと大きく納得してもらえることでしょう!

では、先程の4要素について詳しく解説していきたいと思います。

 

【要素1】ジャンル・発信内容を決める!

これは、

あなたが、どんな情報発信をしていきたいか、もしくはできるのか?
ジャンルは、ビジネス? お金? コンサル? 人間関係? 恋愛?なのか

当然、ステップメールを執筆するジャンル、内容を考える必要があるわけですが、「メルマガを配信する!」となった以上は、当然あなた自身にもステップメールで配信したい何らかのジャンルがあると思います。

もちろん、すでに何らかのメディアにてリスト取りもできていて特に行き詰まりを感じていないという場合は、そのまま突き進んでください!

しかし、その逆でリストはある程度、持っているけれど反応率が悪い、成約率が下がったなど行き詰まりを感じている人は、今一度、見直してもらえればと思います。

 

ジャンルを決めて紙に書きだそう!

では、まずはジャンルを決めますが、今回は例としてビジネスを選びたいと思います。

が、ビジネスといっても・・・

【大カテゴリー】的に言えば、起業、副業、マーケティング

などがありますし、

【小カテゴリー】的に言えば、メルマガ、ブログ、アフィリエイト、転売・物販

などがあり、もともとあなたの専門、または得意分野で「このジャンルでステップメールで情報発信したい!」と深くイメージできるように、いくつか候補を書き出しておくことが重要です。

で、そのジャンルが以下の条件を満たしているかチェックしてみてください。

もちろん全部満たしているのがベスト!!

《ジャンル決定時に押さえるべき3大条件》
[条件1]そのジャンルに興味・関心のある人はどのくらいなのか?
[条件2]そもそもマネタイズできる商品・サービスはあるか?
[条件3]読者・見込み客の悩みの深さは?

 

[条件1]そのジャンルに興味・関心のある人はどのくらいなのか?

どれだけ緻密に計算され尽くしたステップメールでも、結局、その情報・ジャンルに関心のある人がいないと、手間ヒマかけたメールも不発に終わることは想像に難くありませよね。

興味のある人が少ないと、それに比例するかのようにメルマガ読者登録すら全くしてもらえないことになりかねないので、

あなたが選ぼうとしているジャンルに興味・関心のある人はどれだけいるか?

ということに注視して選んでみてください。

もちろん、興味がある人が多ければ、多いほど良いのは言うまでもないです。

 

[条件2]そもそもマネタイズできる商品・サービスはあるか?

これは項目タイトルのまんまですが、そのジャンルに、

最終的なキャッシュポイントとなる商品・サービスがあるのか?

という部分ももちろん重要です。

たとえば、メルマガの中で、アフィリエイトしたいのなら、

あなたが選んだジャンルにマッチした商品・サービスは一定数存在するか?
(これはASPに登録するなどして案件数をチェックするのも1つの手です)

もしくは、「そのジャンルに近い・関連する商品・サービスはあるか?

という上記2つのいずれか、もしくは両方を満たしていれば、お金を払ってくれる層が存在するということになるので、ジャンル選びの上で必ず押さえておいてください!

すでに、相当額を稼がれていて、時間とお金を掛けた緻密なリサーチのもと、商品・サービスを開発して売り込むというのならまだしも、これから起業・副業でメルマガで稼ごうというのなら、なおさら外しちゃダメな部分です。ここは・・・。

 

[条件3]読者・見込み客の悩みの深さは?

結論、ニーズのあるジャンルにおいて、

読者さん(ユーザー)の欲求や悩みが深ければ深いほど大きな利益につながりやすい

です。

結構有名なので聞いたことのある人も多いと思いますが、読者さんの欲求や悩みの深さを知る際に使えるのが、「マズローの欲求5段階説」です。(他にも「自己実現論」など色んな呼び方があります)

マズローの欲求5段階説

引用元:ふくろぐ

欠乏欲求(低次欲求)】なら・・・

生理的・安全・所属を満たした商品・サービスは、必要不可欠なモノとして認識され、圧倒的多数の人々が深い悩みを持っているので売れやすいと言えます。

存在欲求(高次欲求)】なら・・・

自己実現・尊敬・評価(承認)を満たした商品・サービスは、高級品や贅沢品として認識され、上記に比べて悩みのそれほど深いわけではなく、そもそも悩みを持つ人も少なくなるので売りにくいです。

なので、マズローの欲求5段階説の下層にあたる前者の欠乏欲求(低次欲求)が悩みを持つようなジャンルを選定し、ステップメールを配信した方が反応率が良くなり、利益に直結しやすいといえます。

だからといって存在欲求(高次欲求)をジャンルとして選んじゃダメというわけではなく、今回お伝えする方法を守っていただければ成果を出せます。

 

【要素2】収益の発生地点(キャッシュポイント)

ステップメールで執筆するジャンル選びは、収益を最大化させるという観点でみればとても大切な部分です。

とは言ってもアフィリなどで紹介する、もしくは販売する商品・サービスについても、あなた(自社)・他社のモノにかかわらず「何を紹介するか?」あるいは「売るのか?」という点においては、一番最初にハッキリ明確にしておかなければなりません。

紹介 or 販売したい商品・サービスが複数件ある際は、最終的に絞り込むのに時間を要することもあり得ますが、少なくともキャッシュポイント(収益発生地点)を決める前にステップメールは書かないようにしてください。

 

【要素3】読者層・ターゲット(ペルソナ)の決定

読者層・ターゲット(ペルソナ)を決めるというのは、一言でいえば、

どんな人にステップメールで情報発信していくか?

を決めることです。

もちろんステップメールは、あなたのメールを読んでもらうのに、

ターゲットである読者層を集めるところからスタートし
→主にターゲットとして設定した読者層に読んでもらい
→最終的にあなたが紹介・販売する商品・サービスはその読者が購入する

というシナリオになります。

こうみるといかにも「なんだ、そんなの当然じゃん!」となる内容ですが、ステップメールで情報発信する人は、これをわかっているつもりの人が大多数で、理解できている人が非常に少ないです。

わかっているのと、理解できているのとでは雲泥の差

この流れをしっかり決めてないと・・・

仮に読者層やターゲットを決めても、ステップメールで何日か情報発信しているうちに、無意識下でコンセプトや方向性がブレたり、確かに自分(あなた)のキャラや読者層を意識して執筆はしたけれど、
最初に決めた読者層を集めるための登録ページ、さらには肝心のセールスレターや販売ページ、またその広告は、一貫性のないものになって、全く反応の取れないものになりかねません。

最終的にキャッシュポイント(収益発生地点)となる、商品・サービスの紹介・販売で、この内容がミスマッチの場合は、まぁ売れないということは想像に難くないと思います。

なので、これからメルマガで情報発信デビューする人はもちろん、すでにメルマガをしていて、登録率にしろ、反応率にしろ、成約率にしろ、今ひとつな成果しか得られていない場合は、この項目でお伝えしたことを再度見直してみてください!

ここで言う【読者層・ターゲット】というのは・・・

あなたの情報が欲しいと思っている人
あなたが発信する情報に価値を感じている
あなたが紹介・販売する商品・サービスを欲している人

である必要があるわけですね。

最初のメルマガ登録(リスト取得)から、ステップメールの内容、キャッシュポイント(収益発生地点)までを総合的に見て読者層やターゲットを決定する必要があるということになります。

すなわち、

読者ターゲットに合わせてどんなステップメールを執筆すべきか?
そこからどうやって商品・サービスを紹介・販売すれば良いのか?

という順序はNGで、

あなたが紹介・販売したい商品・サービスを欲しているひとはどんな層・人か?

ということを優先して考えて、この人をターゲットとして集客するということです。

言うことなので、高い成約率で売れていくということになります。

プラス、もとはその商品・サービスを欲しているであろう読者さんに、「商品購入の決断を後押しするステップメール」を送れば、商品が売れてしまうのは言うまでもないですね(^^)

たとえば、メルマガアフィリについてのステップメールを執筆する場合、あなたが「毎月20万円を稼ぐ方法」を知っているなら・・・

メルマガアフィリにおける毎月の収入が20万円以下の人」をターゲットに設定。
→その読者層に対して「毎月20万円を継続的に稼ぐ方法」

のステップメールを発信するといった具合でOKです!

また、よくあるのが仮にあなたの実績が、まだゼロベース(0円)だったとしても、たとえば・・・

最近になって今の現状に危機感を感じ、副業、もしくは起業独立に向け行動したいが、いろいろあり過ぎて何を選べば良いかわからない

といった層をターゲットにすれば、ネタは尽きないので、いくらでも情報発信できることはあるはず。

何が言いたいのかというと、あなた(発行者)が実績がないもしくは、実績ゼロだったとしても何も遠慮する必要はないです。

「副業や起業して既に毎月ウン百万円、ウン千万円稼いでいる人がいるなかで、月20万円稼ぐノウハウって果たしてどうなんだろう?」

とか思う必要も、遠慮もいりません。

理由は簡単です。

そのまんまですが、あなたの読者は「副業で毎月20万稼ぐ方法を知りたい人」だから。

つまり、あなた(発行者)の実績やステップメールの情報発信内容がどうであっても、

「あなたより経験が少ない人」
「あなたより初心者の人」
「あなたより知識がない人」

を読者のターゲットとして設定すれば、あなたが発信する内容には必ず価値が生まれます。

当然、情報発信する内容・価値レベルた高いほど、それはそのまま強みとなって読者層も広げれますし、ステップメールの内容も信頼度が高まることは間違いないですし、それに越したことはないです。

なので、ハイレベルな情報発信が可能なら、あえてレベルを低く設定する必要はないですし、しっかりとあなた(発行者)の影響力・権威性などといった強みを惜しみなくステップメールに反映させていきましょう!

 

【重要】ペルソナを設定しよう!

あなたはペルソナってご存知でしょうか?

もし、はじめて聞いたという場合は、必ずこの場で覚えておいていただければと思います。

ペルソナとは、
直訳すれば「人格」という意味になりますが、マーケティング用語として見る時は、「あなたの商品・サービスの顧客層の中で、中心となるような人物像」を指し、その人物像をより深掘りして1個人を設定するという意味合いになります。

ペルソナが1個人だとすれば、ターゲットはその他大勢の層というニュアンスで、その中から「核となるようなメインの人物像を1人選出する」というのがペルソナの設定と言っていいでしょう。

では、具体的なペルソナ設定法についてお伝えしますが、以下の項目についてなるべく詳しく紙に書き出していきましょう!

[1]年齢・性別ハード
[2]プロフィール
[3]家族構成は?
・ひとり暮らし?、それとも親と同居?
・独身・既婚?
・既婚なら何人住まい?子供は?
[4]居住地は?
[5]会社勤務?起業独立済み?
・サラリーマン?
・OL?
・経営者?
・役職、地位は?
・勤続年数、起業年数は?
[6]ライフスタイルは?
・どんな日常生活を送っているのか?
・周りの環境は?
[7]価値観は?
・性格は?
・考え方は?
・自己成長欲は?
・どんなことに価値を感じる?
・大切なことは?
[8]趣味は?
・インドア派?アウトドア派?どっちもOK派?
・休日は何をしている?
・普段どんな格好をしている?どんなファッションが好き?
[9]あなたの商品・サービスにどのくらい興味を持ち得るか?
・なぜ、あなたの商品・サービスを必要としているのか?
・また、購入動機は?

など、上記に挙げた要素はペルソナ設定における代表例ですが、大切なことは「本当にペルソナで設定する人が実在していてもおかしくないくらいにまでリアルな人物像を描き出すこと」です。

別にここまでやらなくてもいいんじゃないの?

という声も聞こえてきそうですが^^;

ちゃんとペルソナをしっかり設定しておいた方が、長い目で見ればステップメールそのものもスラスラ書けるようになりますし、反応率・成約率もグッと上がります!(断言)

反応率が高いメルマガ・ステップメールとは、ペルソナで設定したような「一個人」をリアルに思い描けるまで明確に理解し、その人物と会話するかのごとく執筆する感覚が超大事です。

でもって、

の過去記事でもお伝えしたように、一人に対してメールするつもりで書けば、まるで魔法のごとく、多くの読者さんから反応が得られるようになります(^^)

その一方で、メルマガ発行者(あなた)から見ても、ただ漠然と不特定多数にメルマガ・ステップメールを書くというマインドになると「どう書けばいいかなぁ?」となりがちになりますが、ペルソナを明確にイメージできてさえいれば書くのが簡単になり、しかも楽しくなりますよ♪

そうですねイメージのしやすさでいえば要は・・・

いきなり初対面の数十人・数百人の前であなたの考えを伝えようとする
のと、
マブダチの友人と1対1の会話をする

という違いがでるといっても決して言い過ぎではないです。だって友達にメールするなら、そんな悩まないですよね。

もちろん、メルマガを書く際は、実際は友達のようにパッと思い浮かぶ顔や格好はないわけですが、そのかわり思い浮かべるべきなのが「ペルソナで設定した顔」ということになるわけですね(^^)

特にはじめてメルマガ配信に取り掛かろうとする人らなら、はやる気持ちもあると思いますが、そこをグッとこらえて、ここはちょっと手間ヒマ掛けてでも、しっかり設定してください!

 

【要素4】発行者(あなた)のポジション・キャラを設定する

最後は、発行者のポジション・キャラを設定します。

つまり「あなた」ですね。

が、もちろん場合によっては、あなた以外の第三者として設定するのもアリです。

たとえば・・・

副業、起業、ブログ、メルマガ、アフィリエイト、転売、投資、資産運用、仮想通貨、FX、不動産、人間関係、恋愛、英会話、美容、趣味などのジャンルをステップメールで情報発信するなら「あなた自身」が発行者となるケースがほとんどでしょうし、

その一方で、

一メディアとして、その会社・企業の事業ジャンルに沿って、ステップメールにより情報発信するなら、編集長、専属ライターをはじめ、各部署のスタッフなど「あなた以外」の誰かを発行者の担当につけるケースもあると思います。

それは、その人・その企業の状況によるので、もちろんいずれのケースもOKですが、いずれにしても絶対にしてはならないのが、これらを明確に決めずメルマガをスタートさせてしまうことです。

仮にこれをやってしまうと、メルマガのコンセプトがブレブレになってしまう可能性が非常に高く、読者の立場からすれば、結局この発行者は何の情報発信をしたいのか?となりかねません。

ということで、あなた、もしくは一企業のメディアとして情報発信するにしろ、ポジション・キャラを明確化することが大切になってくるわけです。

発行者のポジション・キャラを設定する際の項目の代表例は以下の通りです。

[1]発行者の名前(ペンネーム・ビジネスネームでもOK)
[2]プロフィール
[3]性格・人間性・価値観
[4]専門性(知識・経験)
[5]権威性(実績・経歴・肩書・受賞歴)
[6]立ち位置(先生・コンサルタント・アドバイザー・トレーナーなど)
[7]ポジション(会社や組織の場合)

 

《ステップ2》成約率アップのための商品・サービス理解

では、収益発生地点、いわばキャッシュポイントになる商品・サービスに対する理解をより深めるフェーズです。

え?まだあるの〜」って思いましたかね^^;

でも、ここをスルーしてステップメールを発行しても、反応率も成約率も大きく期待できないものになってしまい、ステップメールの利点を活かし切ることもできなくなるので気をつけてください。

そもそもステップメールを配信する多くの人の目的は、最終的にあなたの商品・サービス、もしくは、あなたが良いと思えた他社の商品・サービスを紹介・販売するためですよね。(もちろんそんなの関係なく好きだからメルマガをしている人もいるかもしれないですが・・・)

で、その商品・サービスが、売れるか否かにかかっているかは、当然、読者さんの悩みを解決してくれるようなニーズを満たすモノだからですよね?

言い換えれば、あなたが紹介・販売しようとしている商品・サービスにより、

悩みを解決できること」「得られる未来を望む

読者さんを集めステップメールを読んでもらう必要があります。

さらにあなたは、読者さんに対し、

●商品、サービスの特徴
●メリット・デメリット
●他の商品・サービスと比較したときの優位性

といった情報を伝えた上で「この商品を選ぶのが正解ですよ!」という証拠を示す必要があります。

ならば、「ステップメールの発行者が、誰よりも先をいくイメージで、その商品・サービスに詳しい必要がある」のは至極当然ですよね?

あなた、もしくは自社商品・サービスはもちろん、他社の商品・サービスの紹介、言ってみればメルマガでアフィリエイトするのであれば、販売元(広告主)以上に、その商品・サービスについて、理解を深めておくのが理想というのは自然な事と言いたいのです。

上記を軽視してステップメールをスタートさせた時に、ありがちなのは・・・

[実例1]
ターゲット(ペルソナ)、メルマガの記事内容だけを決定してステップメールを執筆した結果、アフィリエイトや自社商品の販売などのオファーをする直前の5通目くらいから、不自然な形で商品に関する話題に切り替えざるを得なくなり、ステップメールがチグハグに・・・
[実例2]
読者さん・ユーザーが、その商品・サービスにより、何を得られ、結果どんな将来が待っているかを理解せずステップメールを執筆しはじめたものの、読者さんが欲しているモノや、解決した悩みと、あなたがオファー内容がミスマッチとなり、反応率・成約率が著しく低くなってしまった・・・

などといったことになりかねません。

上記の実例からもわかるように、商品・サービスを売るステップメールは、オファーのタイミングだけ商品・サービスの優位性などを語ればいいということではなく、

1通目の配信時から、5〜7 通目までの全てに、最終的に商品・サービスを買ってもらうための必要な情報、もしくは関連する情報をしっかり各ステップに組み込んでいかないとダメです。(1通目からと言いましたが、集客時点からでも良いくらいです。)

流れの具体例として・・・

もしあなたが、5通目くらいで訴求する商品・サービスの優位性を伝えるのなら、2通目のステップあたりで、直接的に関係する問題提起を絡めて5通目につながるようにステップを作成する必要があるというイメージです。

そして、7 通目あたりで商品を紹介するなら、そのコンセプトは、目安として3通目で話す価値観と連動していないとオファーの反応率が著しくゼロに近づいてしまいます。

たぶん、はじめてメルマガを発行しようとしている多くの人は、失礼ながら正直ここまで計算して見ないですよね^^;

あるいは意識が行きようがないといってもいいと思いますが・・・。

で、商品のメリット・優位性だけでなく、その商品のデメリット・注意点なども含めて詳しく理解しているからこそ、読者さんが購入・申し込みする際の不安要素をフォローすることも可能になりますし、場合によっては、その弱点を補完するような特典・プレゼントをつけることもできます。(ただし、アフィリエイトなら「インセンティブ禁止」といって、紹介する際に特典やプレゼントを独自でつけるのはNGとしている広告主・プログラムもあるので注意してくださいね。)

商品・サービスについてリサーチすべき内容をまとめると以下の通りになります。

もちろん、物販と情報商材・コンテンツとでは、少しニュアンスが異なっている部分もありますが、あなたが選んだ商品・サービスに合わせて参考にしてもらえればと思います。

[1]商品コンセプト・テーマは?
明確にコンセプトをなるべく短くまとめると?
[2]ターゲットは?
ターゲットが持つ悩みは?もしくは解消したい悩みをなるべく詳細にリサーチする。
ターゲティングの際は、メインとサブのターゲットに分けるのもあり。
[3]商品スペック・サービス詳細
物販なら・・・
販売者、製造者、製造地、原材料・成分、品質などすべて把握。
情報商材なら・・・
販売者、コンセプト内容、形式、ボリュームなどすべて把握
[4]商品・サービスのメリット・デメリット
お得さ、手にすることで得られる効果・成果・未来、手軽さ、再現性など、徹底的にリサーチ。
[5]権威性・社会的証明
物販なら・・・
品質、販売実績、メディア掲載実績、有名人の推薦、その他受賞歴など
情報商材なら・・・
販売者の実績、販売歴、販売本数、推薦者、再現性など
[6]商品・サービスのUSP
USPとは、Unique Selling Propositionの略語で、直訳すると独自の価値提案という意味で、すなわち、ライバルとなる商品・サービスと比較したときに優位性など差別化要因となり得る要素を指します。これは権威性・社会的証明と被ってもOK!
[7]商品・サービスを手にしたときのベネフィット
読者・ユーザーが、商品・サービスを実際に購入し、悩みを解決できたときの理想と未来の自分の姿をイメージしてもらえるようなもの。
[8]商品・サービスを手に入れなかったときの損失
もし、商品・サービスを買ったり、申し込まなかったらどんな損失があり、またその悩みが解決しないままだと、どんな未来が待ち受けているかをイメージさせるもの。
[9]こんな人に絶対手にして欲しいという、あなたがオススメしたい人
商品・サービスのメリット・ベネフィット・USPにより、あなたがお客さんにしたいと思う人のみ反応するような要素。
[10]この人には商品・サービスを提供したくないというオススメしない人
これはオススメしたい人の逆で、あなたがお客さんにしたくないと思う人を排除する要素。
[11]購入・申込の際にお客さん・ユーザーの障壁になるネガティブ要素
価格面、支払方法、使い方・ノウハウ、再現性・サポート、保証の有無などの精神的、肉体的な壁となり得るネガティブ要素を洗い出す。
[12]競合商品をいくつかピックアップし、その特徴をリサーチ
あなたが紹介もしくは販売しようとしている商品・サービスのライバルとなるモノを5つ程度ピックアップし(どうしてもなければ2〜3つでもOK)、その上で、各商品・サービスのコンセプト、ターゲット、USP、メリット・デメリットなどをリサーチ。
[13]商品・サービスの価格・キャンペーン
物販なら・・・
単品、セット販売、送料込みor別、定期プラン・保証付きか?など
情報商材なら・・・
先行販売価格などの設定は?返金保証付きにするか?など
[14]特典・プレゼントの有無
物販なら・・・
●期間限定で◯◯をプレゼント!
●今なら◯◯円キャッシュバックキャンペーン中!
●オンライン限定で◯◯付けます!
●オンライン限定価格!
●お友達紹介キャンペーン◯円プレゼント!
など
情報商材なら・・・
●特典コンテンツプレゼント
●サポート付き
●上位会員優待価格
●値引きクーポン
など

 

さいごに

いかがでしたでしょうか?

1日でも早く、ステップメールを配信して利益を出したい!

という気持ちが、本気で真面目に取り掛かりたいと思っている、あなたなら心の奥底から思っていることかと思いますが、

特に、もしあなたがメルマガ初デビューというのであれば、とても地味な作業にはなるものの数日かけてでも、率直に言ってやった方がいいです。

その数日かけて、マジメに今回お伝えした分を取り組んだ分は、必ず後々になって反応率・成約率アップ、もしくは収益最大化という形で、あなたに返ってくるので、ぜひ取り組んでもらえればと思います!

 

メルマガでは、
パソコン1台で、“少ない”労働時間“高い”利益率を両立させた最先端のビジネスノウハウの数々を無料プレゼント中
《無料プレゼントの一例》
日本一のメルマガマーケッターによる「無料WEBセミナー
統計上わずか7人に読ませれば利益が出る「私が自分で使ってる」メルマガ原稿15日分、計19通(件名付き。名義差し替え可能ver)
復習用解説スライドPDF
私仕様の売れるメルマガ原稿の正しい差し替え方法と継続的利益を生み出す解説実演動画
など、他にも随時、有料級の特典をプレゼントします!
また、そもそもの
このメルマガ自体のテーマ】として・・・
パソコン1台で完結する、地に足のついた“再現性の高い”のビジネスノウハウ
日本でビジネスをする上で知っておかなければならない本質的な話
ビジネスに限らず他では聞けないような裏話
などといった個人でスモールビジネスを行う上で知っておかなければならない情報をメインに配信しています。
あ!でも「ワンクリックで◯◯万円稼げる」とかその類のノウハウや情報を期待されている方は登録をお控えくださいね。
▼メルマガ登録と各種プレゼントを受け取る▼
無料プレゼントのお知らせ

 

The following two tabs change content below.
おおた まさき
起業ラボ執筆をはじめ、メルマガ、オウンドメディア運営における広告収入(アフィリエイト)で、毎日GWのような自由気ままなライフスタイルを満喫中。 いろんな副業ビジネスを経験した私だから言える体験談をもとに、起業独立を目指す人に向けて情報発信しています。 メルマガでは、客観的事実に基づき成果が出ているサイドビジネスなど随時紹介しています。 気になる人はこちらをクリック(公式メルマガ登録)

writing-definitionブログアクセスアップにおすすめの集客本5選

メルマガの用語解説メルマガで稼げるようになりたい初心者必見!知っておかなきゃいけない用語を解説しました

関連記事

  1. writing

    メルマガ発行が継続できない人の続けられる簡単ライティング法

    メルマガ発行やブログ投稿など出来るなら毎日やったほうが良い!わかっているけど・・・多…

  2. discussion-communication-meeting

    知ったかぶりは起業家人生の足かせ!稼げる起業家的「理解した」レベ…

    こんんちは、まさきです。今日は、これからあなたが何か話を聞いたいとか、私の話であったりとか、…

  3. 86a01a7d

    起業独立を考えるとき

    インテリやくざと言われていた上司が、かつて、「会社は動物園みたいだ」と言っていました。…

  4. merumaga

    メルマガの記載すべき必要事項、発行者情報と解除URLについて

    メルマガ発行にあたって、記載すべき必要事項が2つあります。メルマガの記載すべき必要事項、発行…

  5. cloud-marshmallow

    ビジネスや起業で成功するには、その他大勢99%が快楽に流れる中あ…

    こんにちは、まさきです。今日はですね、人間は感情で動く生き物だけども、その感情に逆らおう、本…

  6. fd6f68948a28988e2e95d2e54afc48dc_s

    メルマガは本当に稼げるのか?

    要約:メルマガは確実に稼げる!「不安」というのはやってみれば解消されるので、失敗を恐れず手を動かそう…

  7. clock-1274699_640

    人間のメリットとコピーライティングの真の要素

    要約:「コピーライティングの真の要素」を理解せよ!人間のメリットはたった9個しかない。顧客の欲求を適…

  8. 2883ec99ba98f6f140b40d419eedf16b_s

    起業家がビジネスを始めるに必要な3つの要素と成功の条件

    要約:起業家に必要な3要素とは1.構成要素に分解する、2.素材を入手する、3.模倣&練習であ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP